コスタリカ

20140608_hotaru

「プレスがバラバラ」。チームの“軸”山口が語るザンビア戦失点の要因とW杯へ向けての修正ポイント

W杯本大会前最後のテストマッチとなったザンビア戦でもフル出場を果たした山口蛍。この試合ではアフリカ勢を相手に苦戦を強いられたが、スタメン出場の可能性が高いコートジボワール戦に向けて反省材料を手に出来た事は貴重な経験となるだろう

「あれくらいチャンスに絡めば点取れる」。自信溢れる香川、強い危機感も。「フィニッシュ精度は課題」

「あれくらいチャンスに絡めば点取れる」。自信溢れる香川、強い危機感も。「フィニッシュ精度は課題」

コスタリカ戦で昨年9月のガーナ戦以来の公式戦ゴールを決めた香川真司。マンチェスター・ユナイテッドでの2年目は、まさかのノーゴールに終わり不安視する声も挙がっていたが、本人の自信に揺らぎはなかった。

左は“ガンガン”、右は“するする”。内田が語る攻撃の哲学「左右同じがいいバランスとは思わない」

左は“ガンガン”、右は“するする”。内田が語る攻撃の哲学「左右同じがいいバランスとは思わない」

負傷明けでコンディションが心配された内田篤人だったが、コスタリカ戦では積極的なプレーを見せ、不安を解消した。長年サイドバックとして代表を支えてきた彼には独自の哲学がある。ザックジャパンは左が攻撃のカギと言われることも多いが、内田はどうとらえているのか?

【W杯】ボランチはチームの軸になれる――。明確な自信を得た山口。代表になくてはならない存在に

ボランチはチームの軸になれる――。明確な自信を得た山口。代表になくてはならない存在に

キプロス戦に続きコスタリカ戦でもフル出場を果たした山口蛍。遠藤、長谷部、青山と全てのボランチとコンビを組んで好パフォーマンスを披露した。謙虚な言葉とは裏腹に、もはや彼抜きではザックジャパンは成り立たないほどに存在感を高めている。

【W杯】コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

キプロス戦に続いてテストと調整だったコスタリカ戦。果たして試合勘で不安視されていた選手たちの仕上がり具合はどうだったのか。また、この試合から見えてくるザンビア戦の展望とは?

コスタリカに快勝も残る本田への不安。ワントップだけでなく、前線全体のテコ入れをする可能性も

コスタリカに快勝も残る本田への不安。ワントップだけでなく、前線全体のテコ入れをする可能性も

6月2日(現地時間)、日本対コスタリカの一戦が行われ、3対1で日本が勝利した。先制された日本だったが、後半に3得点。逆転勝ちした。コンディションの向上が見られたこの試合、注目すべきは1トップを含めた攻撃陣の人選だ。

20140603_kagawa_getty

香川、決勝ゴールで存在感示すも浮かれず。「先制される前に決めなければ本番は苦しくなる」

2日21時(日本時間3日10時)に行われた日本代表対コスタリカ代表戦。この試合で決勝ゴールを挙げた香川だが、浮かれる事なく本大会へ気持ちを高めた。

20140515_zac_getty

日本、コスタリカ戦逆転勝利にザック監督「キプロス戦より一歩前進。チームは良くやってくれた」

2日21時(日本時間3日10時)に行われた日本代表対コスタリカ代表戦。試合直後にザッケローニ監督が語った。

20140603_endo_getty

日本対コスタリカ。大久保は右サイドでも問題なし、心配な本田の状態【どこよりも早い採点】

6月2日(現地時間)、日本対コスタリカの一戦が行われ、3対1で日本が逆転勝利した。ザックジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20140603_okubo_getty

コスタリカ戦HT速報。ビハインドも調整過程に問題無し。山口&青山のボランチコンビに収穫

アメリカ・タンパで行われている日本対コスタリカ。前半はどのような出来だっただろうか。現地取材する記者に聞いた。

コスタリカとコロンビア、共通する4つのポイント。“仮想”相手にザックジャパンが意識すべきこと

コスタリカとコロンビア、共通する4つのポイント。“仮想”相手にザックジャパンが意識すべきこと

明日朝、コスタリカと対戦する日本代表。コスタリカは仮想コロンビアと言われている。共通するポイントはどこにあるのか? 対戦相手を分析するとともに、この試合で意識すべき点をまとめた。

コスタリカ代表選手の無念。W杯トレーディングカードを500枚購入も自分を見つけられず

コスタリカ代表選手の無念。W杯トレーディングカードを500枚購入も自分を見つけられず

アーセナルからギリシャ1部オリンピアコスへ期限付き移籍中のコスタリカ代表MFジョエル・キャンベル(21)が、2014FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会の公式トレーディングカードゲーム「アドレナリンXL」を500枚購入し、自分を見つけられなかったことをツイッターで嘆いた。10日の英大衆紙が一斉に報じた。

201312115_costarica

5バックだが弱点は守備陣。グループ最弱国コスタリカ、“死の組”で希望はあるか?

ブラジルW杯で“死の組”に入ったコスタリカ。北中米カリブ海予選は2位突破だが、ミスも多く、力の差は歴然としている。果たしてグループ最弱国に希望はあるのか?

新着記事

↑top