コッパ・イタリア

アンドレア・ピルロ

ユベントス、ピルロは指揮官としても面白い。巧みだったゲーム運び、インテル戦での新たな試みとは【分析コラム】

コッパ・イタリア準決勝2ndレグ、ユベントス対インテルが現地時間9日に行われ、0-0のドロー。2戦合計スコアで2-1としたユベントスが決勝へと駒を進めることになった。アリアンツ・スタジアムでのゲームで得点は生まれなかったが、両指揮官の采配など、見どころは非常に多かった。(文:小澤祐作)

ミラン

暴言合戦…ミラン対インテルで何が飛び交った? イブラヒモビッチとルカクの激しい口論はなぜ起こったのか【分析コラム】

コッパ・イタリア準々決勝、インテル対ミランが現地時間26日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。後半途中までは互角の展開となっていたが、ミランは退場者を出してから防戦一方となり、無念の敗退。試合を壊してしまったのはズラタン・イブラヒモビッチだった。(文:小澤祐作)

ジャコモ・オルザール

ACミランの未来は明るい! またも現れた特別な才能とは? 憧れはカカ、似ているのは…【分析コラム】

コッパ・イタリア5回戦、ミラン対トリノが現地時間12日に行われ、PK戦の末ホームチームが勝利している。試合内容は決して褒められたものではなかったが、この日はまた新たにトップチームデビューを果たした選手が現れた。その人物とは?(文:小澤祐作)

20200618_napoli_getty

完璧だったナポリの対ユベントス戦法。光るガットゥーゾ采配、そこにあった確かな強者の姿

コッパ・イタリア決勝、ナポリ対ユベントスが現地時間17日に行われ、PK戦の末に前者が勝利。6年ぶり6回目の優勝を果たすことになった。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下、復活を遂げているナポリはこの日、内容面でもユベントスを上回るなど、見事な試合を披露。シーズン序盤は不調だったが、そこにあったのは強者の姿であった。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top