コロンビア代表

20210321_focus_getty

史上最高額移籍は誰だ? サッカー選手歴代移籍金ランキング91~95位。総額270億円の男たちとは?

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。フットボールチャンネル編集部は、歴代選手における移籍金ランキングを作成し、上位に名を連ねる選手を紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、金額は現在のレートで統一

20210206_focus_getty

史上最高額移籍は誰だ? サッカー選手歴代移籍金ランキング26~30位。絶頂期23歳ハメス・ロドリゲスの金額は…

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。フットボールチャンネル編集部は、歴代選手における移籍金ランキングを作成し、上位に名を連ねる選手を紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、金額は現在のレートで統一

コロンビア代表

コロンビア代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ハメス筆頭に実力者多数、その破壊力は南米屈指

2014年ブラジルワールドカップでベスト8、2018年ロシアワールドカップでベスト16入りを果たしたコロンビア代表。その躍進を支えたホセ・ペケルマン監督が去り、同国は現在カルロス・ケイロス監督の下で新たな歩みをスタートさせている。そんなコロンビア代表には、一体どのような選手が揃うのか。今回はコロンビア代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は11月13日、ウルグアイ代表戦終了時点のもの)。

20200919_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(10)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はハメス・ロドリゲス、ペルビス・エストゥピニャン、ガブリエウ・マガリャンイス、サンドロ・トナーリ、ドニー・ファン・デ・ベークの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

0917Columbia1995_getty

アルゼンチンを5-0粉砕した黄金期コロンビア。バルデラマ、アスプリージャ、イギータらの野放図な強さ

今も国民に支持される1993年のコロンビア代表。バルデラマ、アスプリージャ、イギータらが活躍した当時の代表チームは、独特の煌きを放ちながら南米を席巻していく。ハメス・ロドリゲスらを抑えるほどの人気を誇る代表は、どんなチームだったのか。(文:北澤豊雄)[sponsored content]

20200513_focus_getty

世界最高の右ウイングは誰だ! RWG能力値ランキング16位~20位。マンU注目の逸材が登場(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200507_focus_getty

世界最高のトップ下は誰だ! 攻撃的MF能力値ランキング16位~20位。日本になじみ深いレフティーとは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

新着記事

↑top