コートジボワール

【コートジボワール密着!】練習で見えた警戒すべき攻撃パターンとは? ヤヤ・トゥーレは足に違和感、別メニュー調整続く

【コートジボワール密着!】練習で見えた警戒すべき攻撃パターンとは? ヤヤ・トゥーレは足に違和感、別メニュー調整続く

日本時間15日のW杯初戦で日本と対戦するコートジボワール。彼らのキャンプ地に記者が張り付いている。練習から見えてくるものとは? そして気になるヤヤ・トゥーレの状態は?

【コートジボワール密着ルポ】意外に不便な豪華施設。ファンの数は日本キャンプ地の10分の1

【コートジボワール密着ルポ】意外に不便な豪華施設。ファンの数は日本キャンプ地の10分の1

日本時間15日のW杯初戦で日本と対戦するコートジボワール。彼らがベースキャンプとして利用する施設「オスカル・イン・エコ・リゾート」は、豪華リゾート施設ながら移動には山道を通過する必要がある。

ネルシーニョが日本のW杯グループ突破を断言「パスワークとスピードは3ヶ国で最も優れている」

ネルシーニョが日本のW杯グループ突破を断言「パスワークとスピードは3ヶ国で最も優れている」

Jリーグで長年指揮を執りながら日本サッカーを見続けてきたJクラブ外国人監督は現状の日本代表をどう見るのか。日本の文化や日本人の特性まで知り尽くす智将、ネルシーニョ監督(柏レイソル)に冷静かつ客観的な分析を試みてもらった。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

関塚隆に聞く、日本はW杯でどう戦うべきか?「初戦が大事。1対1のポイント作らせないのがカギ」

関塚隆に聞く、日本はW杯でどう戦うべきか?「初戦が大事。1対1のポイント作らせないのがカギ」

2012年のロンドン五輪で監督として日本代表を準決勝に進出させた関塚隆氏。今回のW杯をどう読むのか? 対戦国の分析から日本の戦い方を聞いた。取材協力:武田亮(セイントフットサッカークラブ)

20140608_okazaki

ドイツ誌が見たW杯日本代表。本田・岡崎ら評価する一方でDFとFWを不安視。グループは2位争いの予想

ドイツの二大スポーツ誌「SportBild」と「Kicker」。両誌は日本代表をどう見たのか? 長所や短所など詳細な分析が掲載されている。

20140531_dor

日本代表戦と同時刻に少年サッカーの試合が。大人の都合でW杯を観戦できない子どもたち

日本対コートジボワール。サッカーファンなら誰しもが楽しみにしているこの試合を、サッカー少年たちが観戦できない可能性が出てきた。その理由は自分たちの試合が同時刻に行われるため。試合時間を調整すればいい話だが、ところがそう簡単にことは進まなかった。

コートジボワールを一つに。サッカーで希望を与えるためのW杯パブリックビューイング

コートジボワールを一つに。サッカーで希望を与えるためのW杯パブリックビューイング

日本とW杯の初戦であたるコートジボワール。現地では大規模なパブリックビューイングが行われるという。仕掛けているのはJICAとソニー。一体どのような取り組みなのだろうか。

市場価値で見るW杯での日本の“立ち位置”。8グループ中最下位の「C」、ザックジャパンはその中で3位

市場価値で見るW杯での日本の“立ち位置”。8グループ中最下位の「C」、ザックジャパンはその中で3位

W杯出場国の中で日本の立ち位置はどこにあるのか? ひとつの指標となるのが市場価値だ。選手の移籍金の目安となる価値をドイツの移籍市場専門サイトが発表している。このたびW杯についての特集で、32ヶ国の価値が明らかになった。

フットボールサミット第21回

フットボールサミット第21回

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性

「自分のシュート力が低い! 何かの間違いだ」。マンCのヤヤ・トゥーレがサッカーゲームに激怒

「自分のシュート力が低い! 何かの間違いだ」。マンCのヤヤ・トゥーレがサッカーゲームに激怒

マンチェスター・シティのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレがサッカーゲーム「FIFA14」の中で自分の能力が低いことに対し、ツイッター上で「何かの間違いだろう」と呟き、同ゲームの制作会社EAスポーツを暗に批判していたことが話題となった。27日の英紙メトロが報じた。

W杯で勝ち抜くためにどう戦うべきか? グループ3戦の展望から考察する日本代表のテーマ

W杯で勝ち抜くためにどう戦うべきか? グループ3戦の展望から考察する日本代表のテーマ

日本がW杯で対戦するのはコートジボワール、ギリシャ、コロンビアだ。ブラジル大会は日本代表にとってどのような舞台となるのか? グループCの未来を考察する。

新着記事

↑top