サッカー日本代表

0409OnoShinjiClub_getty

小野伸二、所属クラブ歴代ポジション。浦和レッズ、フェイエノールト、ボーフム…ケガに苦しんだ天才が歩むキャリア

浦和レッズでプロキャリアをスタートさせた小野伸二は、その卓越した技術で各クラブのサポーターを魅了してきた。フェイエノールトではUEFAカップ制覇、浦和ではAFCチャンピオンズリーグ制覇に貢献したが、そのキャリアは常にケガとの隣りあわせだった。今回は、小野のこれまでの活躍を、所属クラブごとに当時のフォーメーションとともに振り返っていきたい。

0409OnoShinjidaihyo_getty

小野伸二、日本代表歴代ポジション。黄金世代最高の逸材、3大会連続W杯出場を果たした天才の足跡

18歳で日本代表デビューを果たした小野伸二は、黄金世代を代表する選手として活躍してきた。日本代表が初めてワールドカップの舞台を踏んだフランス大会から、小野は3大会連続で出場。国際Aマッチは56試合に出場している。今回は日本代表での小野の活躍を、メジャー大会ごとに当時のフォーメーションとともに振り返っていきたい。

中村俊輔

中村俊輔、日本代表歴代ポジション。トルシエ、ジーコ、岡田武史…00年代を彩ったファンタジスタの歩み

日韓ワールドカップ直前でメンバーから漏れ、南アフリカワールドカップでは直前でポジションを失った。中村俊輔の日本代表でのキャリアは山あり谷あり、デビューからの11年間で積み重ねた98試合には様々な物語が詰まっている。2000年代をけん引した稀代のファンタジスタの日本代表での活躍を、歴代指揮官や共に戦ったメンバーとともに振り返っていく。

0407HondaClub_getty

本田圭佑、所属クラブ歴代ポジション。名古屋、フェンロ、ミラン…5つの大陸で残したインパクト

名古屋グランパスでプロキャリアを始めた本田圭佑は、数々のクラブを渡り歩いてきた。日本代表ではトップ下でのイメージが強い本田だが、所属クラブでは左サイドバックやボランチなど、チーム事情に応じて様々なポジションで起用されてきた。今回は、本田のこれまでの活躍を、所属クラブごとに当時のフォーメーションとともに振り返っていきたい。

0407Hondadaihyo_getty

本田圭佑、日本代表歴代ポジション。オシム、ザッケローニ、ハリル…歴代指揮官に選ばれ続けた男のキャリア

本田圭佑は、イビチャ・オシム監督によって2006年に初招集されて以来、長く日本代表で活躍してきた。国際Aマッチ98試合出場、37得点という数字を残し、日本代表で唯一、ワールドカップ3大会連続ゴールという記録も打ち立てた。今回は、日本代表での本田の活躍を、歴代指揮官ごとに当時のフォーメーションとともに振り返っていきたい。

中田英寿

中田英寿、所属クラブ歴代ポジション。ベルマーレ、ペルージャ、ローマ…共演した数々のスターたち

中田英寿のキャリアは突如終わりを迎えた。1995年にベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)で衝撃のデビューを飾り、イタリアへ渡って日本人初のセリエA優勝も経験。プレミアリーグの舞台も踏んだが、2006年のドイツワールドカップ終了とともにスパイクを脱ぐ決断を下したのだった。高卒でプロ入りしてから29歳で現役を退くまでの活躍を、所属したクラブごとに振り返っていきたい。

中田英寿

中田英寿、日本代表歴代ポジション。岡田武史、トルシエ、ジーコ…歴代指揮官は孤高の男をどう起用したのか?

1997年に日本代表デビューを飾り、イタリアでも大きな成功を収めた中田英寿は、サムライブルーの中心選手として3度のワールドカップの舞台に立った。ところが2006年のドイツワールドカップ敗退後、突如現役引退を表明する。国際Aマッチ通算77試合出場11得点という成績を残し、日本サッカーの急成長をけん引した男の活躍を歴代指揮官や大会、フォーメーションとともに振り返っていきたい。

新着記事

↑top