サッカー本大賞

サッカー本大賞2017

『サッカー本大賞』読者投票! あなたが選ぶ2016年、最も面白かったサッカー本は?

カンゼンが創設し、3/31に第4回が開催される「サッカー本大賞」。現在、選考委員による一次投票が終わった。

サッカー本大賞

「サッカー本大賞2016」受賞作が決定!

本日、今年で3回目の開催となる「サッカー本大賞2016」の大賞が発表された。

サッカー本大賞

『サッカー本大賞』読者投票! あなたが選ぶ2015年、最も面白かったサッカー本は?

カンゼンが創設し、3月10日に第3回が開催される「サッカー本大賞」。現在、選考委員による一次投票が終わった。

「サッカー本大賞2015」授賞式レポート&受賞者 喜びの声

「サッカー本大賞2015」授賞式レポート&受賞者 喜びの声

2月11日(水)、秋葉原UDXシアターにて第2回を迎える「サッカー本大賞2015」の授賞式が行われた。今回は新たに誕生した「東京国際フットボール映画祭」との同時開催となり、映画祭の来場客も見守る中での各賞の発表となった。

「サッカー本大賞2015」ノミネート作品12冊の魅力を紹介!

「サッカー本大賞2015」ノミネート作品12冊の魅力を紹介!

2月11日(水)に発表される「サッカー本大賞2015」の大賞受賞作。今回は2014年度(2014年1月1日~11月30日)に発売されたサッカー本(実用書、漫画をのぞく)すべてを対象に12作品がノミネートされている。

『サッカー本大賞』読者投票! あなたが選ぶ2014年、最も面白かったサッカー本は?

『サッカー本大賞』読者投票! あなたが選ぶ2014年、最も面白かったサッカー本は?

カンゼンが創設し、2月11日に第2回が開催される「サッカー本大賞」。現在、選考委員による一次投票が終わった。

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第3回「記事になった原稿は、すべて本になることを目指さないとダメ」

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第3回「記事になった原稿は、すべて本になることを目指さないとダメ」

老舗サッカー誌が1つ、2つと姿を変え、サッカーメディアのありようも大きく様変わりしつつある。移ろいゆく時代の中で、この国のフットボール・ライティングはどこに向かうのだろうか? 「サッカー本大賞」の選考委員長でもある作家・佐山一郎氏とライター・後藤勝氏の対談を3回にわたってお送りする。

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第2回「原稿を方程式に流し込むような機械的な作業をしている記者」

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第2回「原稿を方程式に流し込むような機械的な作業をしている記者」

老舗サッカー誌が1つ、2つと姿を変え、サッカーメディアのありようも大きく様変わりしつつある。移ろいゆく時代の中で、この国のフットボール・ライティングはどこに向かうのだろうか? 「サッカー本大賞」の選考委員長でもある作家・佐山一郎氏とライター・後藤勝氏の対談を3回にわたってお送りする。

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第1回「毒にも薬にもならないテクストばかりになってしまった現在」

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第1回「毒にも薬にもならないテクストばかりになってしまった現在」

老舗サッカー誌が1つ、2つと姿を変え、サッカーメディアのありようも大きく様変わりしつつある。移ろいゆく時代の中で、この国のフットボール・ライティングはどこに向かうのだろうか? 「サッカー本大賞」の選考委員長でもある作家・佐山一郎氏とライター・後藤勝氏の対談を3回にわたってお送りする。

「第1回サッカー本大賞」受賞者 喜びの声届く!

「第1回サッカー本大賞」受賞者 喜びの声届く!

2月20日(木)に発表された「第1回サッカー本大賞」は、『ボールピープル』(近藤篤 著、文藝春秋)が「サッカー本大賞」と「読者賞」の二冠、『理想のために戦うイングランド、現実のために戦うイタリア、そしてイタリア人と共に戦う日本人』(ジャンルカ・ヴィアリ、ガブリエル・マルコッティ 著/田邊雅之 監修、学研教育出版)が「翻訳サッカー本大賞」を受賞して幕を閉じた。

フォトエッセイ集『ボールピープル』が“第1回サッカー本大賞”に輝く!!

フォトエッセイ集『ボールピープル』が“第1回サッカー本大賞”に輝く!!

2月20日(木)、出版社カンゼンが主催する「第1回サッカー本大賞」の授賞式が東京都・神田明神・明神会館にて行われた。ワールドカップブラジル大会が開催される今年、サッカーという競技の楽しさ、奥深さを伝える優れた書籍を選ぶべく、新たに創設された「サッカー本大賞」。今回は、2013年に刊行されたサッカー本の中で8作品が優秀賞として表彰され、その中から「サッカー本大賞」「翻訳サッカー本大賞」「読者賞」という3つの特別賞が発表された。

サッカー本大賞_イメ写_DSC_0091

「第1回サッカー本大賞」が今週木曜発表! ノミネート作品の魅力とは?

「高品質なサッカー書籍こそが、日本のサッカー文化を豊かにする」というスローガンのもと、来たる2月20日(木)に第1回サッカー本大賞がいよいよ発表される。もっと多くのサッカー関連書籍が世に出て、多くの人に読まれて欲しい…という願いをこめて厳選した今回のサッカー本大賞、栄えある第1回大賞作品(サッカー本大賞/翻訳サッカー本大賞)に輝くのは――。

新着記事

↑top