ジェイミー・キャラガー

0616Liverpool_getty

リバプール、史上最高の奇跡はどのように実現したのか? 勝負を分けたキャラガーの提案【リバプールの20年史(2)】

18度のリーグ優勝を誇るリバプールは、1989/90シーズンを最後にリーグ優勝から遠ざかっている。80年代にサッカー史に残る2つの悲劇を目の当たりにしたリバプールはその後、どのような道のりを歩んできたのか。リバプールの現代史を複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

20200325_torresgerrard_getty

リバプール、ジェラード&F・トーレスの時代。年間2敗でも頂点届かず…黄金期マンUに屈した悲運のチーム

プレミアリーグ発足後、一度も優勝できていないリバプールが頂点に肉薄した1年がある。ラファエル・ベニテス監督が率いていた2008/09シーズン、スティーブン・ジェラードとフェルナンド・トーレスという最強コンビを擁したチームは38試合で77得点という爆発的な攻撃力を発揮した。ところが年間2敗、勝ち点86を積み重ねても黄金期を謳歌するマンチェスター・ユナイテッドの3連覇を阻止できず。今回、フットボールチャンネルではアグレッシブで魅力溢れるサッカーを展開しながら、わずか4ポイント差に泣いた2008/09シーズンのリバプールの主力メンバーを紹介していく。

U-20イングランド代表

必然だったイングランド育成年代の躍進。積極的なインフラ整備、覇権奪回へのシナリオ

2017年はイングランドのユース年代が世界の舞台で輝いた。U-17、U-19、U-20と各年代の代表が欧州や世界を制し、国際大会で大きな存在感を発揮したのである。自国開催だった1966年のW杯以来、頂点から遠ざかっているイングランドが、A代表の明るい未来を予感させるまでになった要因とは何だったのだろうか。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

新着記事

↑top