ジェローム・ボアテング

出遅れた“世界王者”。弱小ジブラルタル相手にドイツ代表が全力で戦わなければならない理由

出遅れた“世界王者”。弱小ジブラルタル相手にドイツ代表が全力で戦わなければならない理由

W杯を制したドイツ代表だが、その後思わぬ苦戦を強いられている。ユーロ予選では4位。指揮官は警戒を強めている。次の相手はジブラルタルで、本来であれば戦力をテストしてもいい試合と言えるが、ベストで挑む必要がある。

ラームに平均以下、エジルに最低点も。ドイツ人選手に並ぶ厳しい評価、求められる“世界王者”としての高い質

ラームに平均以下、エジルに最低点も。ドイツ人選手に並ぶ厳しい評価、求められる“世界王者”としての高い質

厳しい戦いとなったCLのマンチェスター・シティ戦を辛くもものにしたバイエルン・ミュンヘン。殊勲の決勝点をあげたボアテングには最高評価をつけた現地紙だったが、他の選手にはやや厳し目だ。今季のドイツ人選手には“世界王者”という高い基準が設けられているようだ。

新着記事

↑top