ジャクソン・マルティネス

ミランが逃した5人のビッグネーム。資金増強も失敗続きの“ロッソネーロ”

ミランが逃した5人のビッグネーム。資金増強も失敗続きの“ロッソネーロ”

今季のミランは、セリエAを過去15年で最低となる10位で終えた。経営状況も順調とは言えない中で、タイ人実業家の“ミスターB”ことビー・テチャウボン氏が株式の一部を保有したことで補強資金が増強。それにより来季に向けた大型補強が期待されたが、狙ったターゲットは次々と獲得に失敗している。その中でも、ミランが逃した5人のビッグネームを紹介しよう。

スタイルを暴かれたバイエルン。それでも消えない楽観論。逆転突破へ鍵を握る“世界王者”の復帰

スタイルを暴かれたバイエルン。それでも消えない楽観論。逆転突破へ鍵を握る“世界王者”の復帰

チャンピオンズリーグ(CL)敗退の危機に立たされているバイエルン。しかし、この一戦に向けてフィリップ・ラームが復帰濃厚。戦術をポルトに熟知されながらも、主将の存在が逆転の決め手となる。

優勝候補バイエルンはなぜ完敗したのか? “ペップ・スタイル”を逆手に取ったポルトの知性

優勝候補バイエルンはなぜ完敗したのか? “ペップ・スタイル”を逆手に取ったポルトの知性

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグが開催された。ポルトの本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンに乗り込んだバイエルンは開始10分で2失点を喫するなど、1-3で敗れた。ブンデスリーガでは圧倒的な強さを誇るバイエルンだったが、この結果の裏にはポルトの指揮官フレン・ロペテギの見事な采配があった。

CLベスト8、1stレグ。本命バイエルンに挑む“ダークホース”ポルト。サプライズへ不可欠な100%のエース

CLベスト8、1stレグ。本命バイエルンに挑む“ダークホース”ポルト。サプライズへ不可欠な100%のエース

チャンピオンズリーグのベスト8、1stレグ。ポルトはホームにバイエルンを迎える。下馬評ではバイエルンの有利となっているが、ポルトはベスト8の8チーム中“ダークホース”とも呼べる存在。エース、ジャクソン・マルティネスの状態が整えばサプライズを起こす可能性も少なくはない。

CLベスト16、2ndレグ。ポルトの圧倒的有利も潜む不安…。W杯日本戦2得点のエース不在か

CLベスト16、2ndレグ。ポルトの圧倒的有利も潜む不安…。W杯日本戦2得点のエース不在か

チャンピオンズリーグのベスト16、2ndレグ。ポルトはホームでバーゼルと対戦。1stレグを1-1で終え、データもオッズもポルトの有利となっているが、エースのジャクソン・マルティネスが負傷欠場の可能性あり。大黒柱の不在はどのような影響を及ぼすのだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top