ジャンピエロ・ヴェントゥーラ

W杯欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、イタリアは60年ぶりに本大会出場を逃した

60年ぶりW杯予選敗退のイタリア。伝統国がなぜ弱体化? 監督だけに帰結できない失態の責任

11月13日、2018年ロシアW杯ヨーロッパ予選プレーオフ第2戦が行われ、イタリアはスウェーデンとの試合に臨んだ。第1戦を0-1で落としていたアッズーリ。勝利が求められる第2戦だったが0-0で引き分け、1958年のスウェーデン大会以来60年ぶりとなるW杯予選敗退となってしまった。W杯優勝4回を誇るイタリア代表はなぜこのような事態に陥ってしまったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

W杯出場をかけプレーオフに臨むことになったイタリア代表

明暗分けた1敗。苛酷を極める欧州予選、格下相手も容易にあらず。イタリアはW杯かけPOへ

続々とロシアW杯出場国が決定してきているが、どの大陸も予選の戦いは厳しいものとなっている。強豪国がひしめく欧州でもスペインと同組になったイタリアがプレーオフ行きを強いられることとなった。この2国の運命を分けたのが9月の直接対決。イタリアはこの一戦の完敗がその後の試合でも尾を引く結果になってしまった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

↑top