タイ

Jリーグとの関係も深まるタイサッカー 躍進を支えるその育成現場とは!?

Jリーグとの関係も深まるタイサッカー 躍進を支えるその育成現場とは!?

リーグ間提携や複数のクラブ間提携など日本サッカーとの関係が深まっているタイサッカー。2012年に埼玉スタジアムなどで開催された『埼玉国際ジュニアサッカー大会2012』でU-12タイ代表の指揮を執ったソムサク・センシャウワニット氏や、タイTVメディアのタヌ・クナタム氏らに話を聞いた。

【独占インタビュー】中西大介氏に聞くJリーグのアジア戦略「次に提携するのはマレーシア。W杯予選もっと厳しくなればいい」

【独占インタビュー】中西大介氏に聞くJリーグのアジア戦略「次に提携するのはマレーシア。W杯予選もっと厳しくなればいい」

一連のJリーグ改革を進めるキーマン、それが中西大介競技・事業統括本部長だ。2ステージ制で渦中の人ではあるが、Jリーグが進めているのはそれだけではない。未来への発展のために「アジア戦略」も進展している。キーマンはどのような未来予想図を描いているのか。タイで直撃した。

岡田武史招聘は誤報か。チョンブリFCが新監督として和田昌裕・元神戸監督の就任を発表

岡田武史招聘は誤報か。チョンブリFCが新監督として和田昌裕・元神戸監督の就任を発表

先日、タイのチョンブリFCが岡田武史氏を新監督として招聘するとの報道が一部であった。しかし、実際に就任したのは元ヴィッセル神戸監督の和田昌裕であった。

元日本代表コーチ、現タイ代表GKコーチ・加藤好男から提言「日本サッカー発展のため指導者も海外挑戦を」

元日本代表コーチ、現タイ代表GKコーチ・加藤好男から提言「日本サッカー発展のため指導者も海外挑戦を」

岡田ジャパンでコーチを務め、現在はタイ代表のGKコーチを務める加藤好男。彼はなぜタイへ渡ったのか、そして日本を遠く離れたからこそわかる、日本サッカー発展のために何が必要なのか、タイで話を聞いた。

日本とタイ、両国で代表GKコーチに。加藤好男が見たタイサッカーの現実と課題

日本とタイ、両国で代表GKコーチに。加藤好男が見たタイサッカーの現実と課題

タイ代表のコーチに日本人が就任した。元日本代表で、代表コーチも務めたこともある加藤好男だ。実際に指導してみて、代表チームの課題をどう分析したのか。本人にインタビューした。

まさかの年俸4000万円。クラブ代表が語るカレン・ロバートのタイ移籍と高待遇の理由

まさかの年俸4000万円。クラブ代表が語るカレン・ロバートのタイ移籍と高待遇の理由

先日、驚きの移籍報道があった。昨季VVVでプレーしたカレン・ロバートがタイのクラブへ移籍。東南アジアというのも意外だが、年俸4,000万円という高待遇も話題となった。なぜカレンはタイへ、そして高額年俸はなぜ実現したのか?

20130915_tai

給料未払いがある一方でスター選手には年俸数千万。日本人関係者が語るタイのサッカー事情

現在、タイにはトップリーグのタイプレミアリーグ、その下のディビジョン1、地域リーグにあたるディビジョン2を含めると、40名近くの日本人選手が活躍している。そして、彼らの挑戦を後押ししようとする日本人もいる。今回は、そんな裏方の日本人を紹介したい。

入るまでが大変!? 日本人関係者が語るタイの厳しいサッカー事情

入るまでが大変!? 日本人関係者が語るタイの厳しいサッカー事情

現在、タイにはトップリーグのタイプレミアリーグ、その下のディビジョン1、地域リーグにあたるディビジョン2を含めると、40名近くの日本人選手が活躍している。そして、彼らの挑戦を後押ししようとする日本人もいる。今回は、そんな裏方の日本人を紹介したい。

20130714_manu2

先制点のタイ選手にブーイング。緩すぎる雰囲気の中、モイズ新監督の初陣を落としたマンU

バンコクで13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド対シンハーオールスターズの試合は、なんと後半にあげた1点を守り切ったオールスターズがユナイテッドを下した。その後、ユナイテッドの選手たちはすぐさま次の試合が行われるオーストラリアへ向かう機上の人となった。

20130713_tai1

タイで始まったマンUのアジアツアー。熱狂の裏で起こった反発の理由とは?

マンチェスター・ユナイテッドのプレシーズンツアーが始まった。12年ぶりの訪問となるタイを皮切りに、オーストラリア、日本、香港、スウェーデンで親善試合を行う予定となっている。だが、最初の訪問国ここタイに、日本代表・香川真司の姿はなかった。

20130426_sendai1

長時間移動、圧倒的なアウェイサポ……。過酷な遠征に耐えたベガルタ仙台が執念のドロー

ACLグループステージ第5戦、ベガルタ仙台はブリーラム・ユナイテッドと対戦するためアウェイのタイ・ブリーラムに乗り込んだ。日本とは大きく異なるタイの気候。昨年のACLでは同地で柏レイソルが苦杯をなめている。そして今回は、ドラマチックな展開が仙台を待ち受けていた。

解説者不在、時間・得点表示もなし!? タイでのJリーグ中継の問題点

解説者不在、時間・得点表示もなし!? タイでのJリーグ中継の問題点

東南アジア戦略の一環としてJリーグは昨年、タイプレミアリーグとパートナーシップ協定を締結。タイでのJリーグの放送も始まった。それから1年。現地では今、どのように放送されているのかを、改善が必要と思われる点と併せてリポートしたい。

新着記事

↑top