タイ

タイで奮闘する岩政「成功ならJを超える年俸、失敗なら行き場を失う…」。リスキーな環境で自信を取り戻す

タイで奮闘する岩政「成功ならJを超える年俸、失敗なら行き場を失う…」。リスキーな環境で自信を取り戻す

今季、10年間を過ごした鹿島アントラーズを離れてタイのBECテロ・サーサナに入団した岩政大樹。欧州元代表選手もひしめくハイレベルなリーグで確かな成功を掴んだ。

20141017_culen1_getty

磐田でデビューし、オランダで経験を積んだカレン・ロバートインタビュー。タイで奮闘、目標はACLで日本凱旋

昨シーズン終盤、オランダ・VVVフェンロからタイプレミアリーグの新鋭・スパンブリーFCへ加入したカレン・ロバート。日本での華やかな実績を持つ彼のタイ移籍は、その高待遇とともに日本でも注目を集めた。本格的なタイ1年目となった今季もすでに終盤、スパンブリーでの一年を振り返ってもらった。

村井チェアマンに聞くJリーグ「アジア戦略」の現状と今後。選手も指導者も『アジアで鍛える』

村井チェアマンに聞くJリーグ「アジア戦略」の現状と今後。選手も指導者も『アジアで鍛える』

3年目に突入したJリーグのアジア戦略。これまでは「提携国枠」の新設など行ってきたが、今後はどのような展開を見せるのだろうか? Jリーグの村井満チェアマンに話を聞いた。

20140816_simoji2_asean

タイでプレーする下地奨インタビュー。Jリーグ、南米、そしてバイト生活を経て辿り着いた境地

現在タイでプレーする下地奨。チームメイトには元日本代表の岩政大樹もいる。Jリーグ、南米、そしてバイト生活も経験。さまざまな境遇に身を置くことで彼なりに辿り着いた境地とは?

20140809_okubo3_asian

タイでのチャンスに懸ける元山形・大久保剛志インタビュー「クビになった後の3ヶ月があるから今がある」

14年シーズンからタイのビッククラブのひとつバンコクグラスでプレーする大久保剛志。ベガルタ仙台、ソニー仙台、モンテディオ山形と渡り歩いた後に辿り着いたタイ。数々の困難を乗り越え、ひたむきにプレーする大久保剛志に迫った。

20140723_Teerasil

“タイの至宝”がリーガ・エスパニョーラに挑戦。昨季残留を果たしたアルメリアでタイ人選手の扉を開くか

“タイの至宝”と言われるテラシル・デーンダがアルメリアにレンタル移籍する。日本人選手も成功したとは言い難いリーガ・エスパニョーラへの挑戦だが、活躍次第ではタイ人選手の扉を開く可能性もある。

「タイの選手も日本でできることを証明したい」。J2→タイ→J1セレッソへ。“逆輸入Jリーガー”平野甲斐の挑戦

「タイの選手も日本でできることを証明したい」。J2→タイ→J1セレッソへ。“逆輸入Jリーガー”平野甲斐の挑戦

東南アジアへ移籍する日本人選手は珍しくなくなった。中でもタイへ活躍の場を移す選手は多い。平野甲斐もその一人。J2のカターレ富山からタイの強豪ブリーラムへと移籍した。平野が他の選手と違うのは、再び日本へ戻ってきたこと。しかもJ1のセレッソ大阪だ。“逆輸入Jリーガー”の挑戦が始まる。

軍事政権下のタイ、民心掌握のためW杯を強引に無料放送。日本代表ユニフォームを着る若者の姿も

軍事政権下のタイ、民心掌握のためW杯を強引に無料放送。日本代表ユニフォームを着る若者の姿も

いよいよ開幕したブラジルW杯。惜しくも日本は初戦のコートジボワール戦で敗れたが、5月22日のクーデター以降、軍事政権下にあるタイでも様々な面でW杯は盛り上がりを見せている。

就任はなんと開幕1週間前。弱冠29歳、タイプレミアリーグで奮闘する日本人GM

就任はなんと開幕1週間前。弱冠29歳、タイプレミアリーグで奮闘する日本人GM

今季、タイでは60名近くの日本人選手がプレーしている。また、元ヴィッセル神戸監督の和田昌裕氏がチョンブリFCの監督に就任するなど、指導者においても日本人の活躍の場が広がっている。それだけでなく、ゼネラル・マネージャー(GM)としてフロントの場で奮闘する日本人もいる。

金銭面・親日国だけが理由ではない。近年急増、なぜタイリーグは日本人を求めているのか?

金銭面・親日国だけが理由ではない。近年急増、なぜタイリーグは日本人を求めているのか?

近年、タイリーグに身を移す日本人選手、指導者が増えている。Jリーグのアジア戦略や意外と恵まれた待遇面などが理由になっているが、それだけではなかった。タイ側も“日本”を求めているのだ。そこにあるのは、自分たちでは気づきにくい日本人的な長所だ。

20140219_iwamasa

【現地で直撃】岩政大樹はなぜ鹿島からタイへ移籍したのか? 元日本代表選手の“新たな挑戦”を追う

昨年末から日本代表経験者のタイへの移籍が次々と発表された。その中には、鹿島アントラーズで長らく不動のセンターバックを務めた岩政大樹の名前もあった。彼がなぜタイでのプレーを選択したのか。本人にその思いを聞いた。

新着記事

↑top