チェゼーナ

長友佑都

10年、長友佑都。低評価を覆して生き残った男の真実。批判の連続から、愛されるまでの物語【セリエA日本人選手の記憶(8)】

日本人選手の欧州クラブへの移籍は通過儀礼とも言える。90年代、そのスタートとなったのがセリエAへの移籍だった。三浦知良や中田英寿など日本を代表する選手たちが数多くプレーしたイタリアの地。ここ最近は日本人選手が所属することはなかったが、今夏に冨安健洋がボローニャに移籍したことで、再びセリエAの注目度は高まりそうだ。この機会にこれまでの日本人選手のセリエAでの挑戦を振り返る。第8回はDF長友佑都。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ファンティーニ燦

鳥栖加入の日伊ハーフGKファンティーニ燦。イタリア育ちの18歳守護神が描く将来像【インタビュー】

2017年4月3日、サガン鳥栖はイタリア・セリエB(2部)のチェゼーナから18歳のGKファンティーニ燦(あきら)の加入を発表した。イタリア人の父親と日本人の母親を持つ東京五輪世代の守護神は、どんなプレースタイルで、どんな人物なのか。チェゼーナ時代の今年2月に収録した独占インタビューをお届けする。(取材・文:舩木渉【チェゼーナ】)

長友佑都の移籍金はなぜFC東京に支払われていないのか? チェゼーナが抱える経営の闇、そして混乱

長友佑都の移籍金はなぜFC東京に支払われていないのか? チェゼーナが抱える経営の闇、そして混乱

FC東京、チェゼーナというクラブを経てイタリアが誇るビッグクラブのインテルへと移籍した長友佑都。大きなステップアップを遂げた長友だったが、この裏側にはいささか厄介な金銭問題が絡んでいた。

新着記事

↑top