チョン・テセ

チョン・テセ

【英国人の視点】清水の逆転現象。アウェイでは好印象もホームだと…。早急な軌道修正が必須か

今季からJ1に復帰した清水エスパルス。アウェイで印象的なパフォーマンスを披露するいっぽうで、ホームではなかなか白星が得られていない。この違いにはどういった原因があるのだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル/翻訳:フットボールチャンネル編集部)

鄭大世

清水、新戦力は6人の静かなオフ。大前移籍で野津田らは鄭大世のサポートを【2017補強診断】

フットボールチャンネル編集部では、Jリーグ開幕に向けて各J1クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、1年でのJ1復帰を果たした清水エスパルスを占う。

小林

清水、怒涛の9連勝でJ1昇格。“昇格請負人”が掲げた3箇条を完遂し1年で悲願達成【2016年Jリーグ通信簿】

今シーズンのJ2も全日程が終了した。この1年を振り返り、各クラブはどのようなシーズンを送ったのだろうか。今回は2位でシーズンを終え、1年でのJ1復帰を果たした清水エスパルスを振り返る。

チョン・テセ

【英国人の視点】近年では異様なJ2の昇格争い。固まりつつある上位陣。チョン・テセが願う清水のJ1復帰

今季のJ2の昇格争いは、近年のそれとは様子が異なっている。昨年までのJ2はプレーオフ進出圏内の6位を目指す戦いは熾烈を極めていたが、今季は上位6チームが固まりつつある。それでも、清水エスパルスのチョン・テセは自動昇格圏内となる2位を目指している。J1昇格の経験豊富な小林伸二監督のもと、清水は1年でのJ1復帰となるだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

アブドゥラヒミ

J2を彩る外国籍選手たち。ブラジル、韓国以外からやってきた選手10人【編集部フォーカス】

Jリーグにやってくる外国人はブラジルと韓国籍の選手が多い。しかし、目指す方向性や監督の要望に沿った補強を進めていく過程で、それ以外の国籍を持つ選手を獲得しているクラブもある。今回は、ブラジル人、韓国人以外で、J2クラブに在籍する外国籍選手を紹介する。

新着記事

↑top