チリ代表

マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も

マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も

活発な動きを見せている今シーズンの移籍市場。その中でもスペイン勢が顕著だ。バルセロナとレアル・マドリーは、1人の選手に100億円以上を費やしており、世界中の注目を集めている。

「栄光まで1センチ」。チリ代表FWが逃した決定機の場面を体に刻む

「栄光まで1センチ」。チリ代表FWが逃した決定機の場面を体に刻む

28日に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)16強でブラジル代表にPK戦の末に敗れたチリ代表のFWマウリシオ・ピニージャが、同試合で自身が逃した決定機の場面を体に刻み込んだ。1日の英メディアが報じた。

勝利の感涙も現地紙は「泣きっ面はうんざり」と批判。負ければ「永久戦犯」、巨大な重圧に苦しむセレソン

勝利の感涙も現地紙は「泣きっ面はうんざり」と批判。負ければ「永久戦犯」、巨大な重圧に苦しむセレソン

ベスト16で苦戦の末、チリを下したブラジル。選手たちは思わず涙したが、それすらも現地メディアからは批判されている。尋常ではないプレッシャーに苦しむ選手たち。果たして乗り越えることができるだろうか。

新着記事

↑top