チリ代表

マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も

マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も

活発な動きを見せている今シーズンの移籍市場。その中でもスペイン勢が顕著だ。バルセロナとレアル・マドリーは、1人の選手に100億円以上を費やしており、世界中の注目を集めている。

「栄光まで1センチ」。チリ代表FWが逃した決定機の場面を体に刻む

「栄光まで1センチ」。チリ代表FWが逃した決定機の場面を体に刻む

28日に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)16強でブラジル代表にPK戦の末に敗れたチリ代表のFWマウリシオ・ピニージャが、同試合で自身が逃した決定機の場面を体に刻み込んだ。1日の英メディアが報じた。

勝利の感涙も現地紙は「泣きっ面はうんざり」と批判。負ければ「永久戦犯」、巨大な重圧に苦しむセレソン

勝利の感涙も現地紙は「泣きっ面はうんざり」と批判。負ければ「永久戦犯」、巨大な重圧に苦しむセレソン

ベスト16で苦戦の末、チリを下したブラジル。選手たちは思わず涙したが、それすらも現地メディアからは批判されている。尋常ではないプレッシャーに苦しむ選手たち。果たして乗り越えることができるだろうか。

20140630_soclari_getty

“ミネイロンの悲劇”は免れたブラジル。難敵チリをPK戦で下すも、6度目Vへ最大の課題は「ネイマール依存症」

PK戦にもつれ込んだブラジル対チリ。エース、ネイマールが激しいマークで封じられ、あわや敗戦というところまで追い込まれた。エクサ(6回目)に向けて、最大の課題は「ネイマール依存症」の克服だ。

20140628_chili

今大会話題のアカペラ国歌斉唱。実は発端はチリ。98年から続く伝統

今や名物となったブラジルのアカペラ国歌斉唱。伴奏が終わってもなお歌い続ける観客、そして選手たち。ところがこの現象、チリにも飛び火したとの話が!?『フットボールde国歌大合唱!』(東邦出版)の著者がその理由に迫る。

20140619_del_getty

スペイン代表デル・ボスケ監督、チリ代表のバスに乗り込む。敗退ショックか

スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が18日にマラカナンで行われたブラジル・ワールドカップのグループB第2戦で、チリに0-2で敗れ2連敗で敗退が決まった直後、相手チームのバスに乗りこもうとしていたことが明らかとなった。19日の英メディアが報じた。

20140619_del_getty

スペインが早期敗退した4つの理由。現地メディアは「王位を放棄」、10選手“採点不能”と酷評

W杯第2戦、王者スペインがチリに無残にも敗れ、グループ突破の可能性を失った。現地メディアは当然のように酷評。敗因には主に4つの問題点があげられた。

ワールドカップ・チリ代表の応援広告はあの奇跡の生還者が抜擢!

ワールドカップ・チリ代表の応援広告はあの奇跡の生還者が抜擢!

チリ代表のワールドカップ公式スポンサーを務める同国の大手銀行バンコ・デ・チリが、「チリ人に不可能はない」と題された代表チームの応援広告に2010年に起こったコピアポ鉱山落盤事故の奇跡の生還者33名を抜擢した。29日の英メディアが報じた。

悲劇! アウェイに置き去りにされた“チリのガットゥーゾ”

悲劇! アウェイに置き去りにされた“チリのガットゥーゾ”

プレミアリーグのカーディフに所属するチリ代表DFガリー・メデルが、18日に敵地で行われたマンチェスター・シティ戦(2-4で敗北)後、帰りのチームバスに乗り遅れ、電車でファンと共に帰路についていたことが明らかとなった。19日の英大衆紙が報じた。

新着記事

FChan TV

↑top