ドイツ代表

異能との戦いを日常のものとする移民の存在。ドイツのW杯優勝の要因にブンデスリーガの下部組織改革あり

異能との戦いを日常のものとする移民の存在。ドイツのW杯優勝の要因にブンデスリーガの下部組織改革あり

ヨーロッパ勢初となる南米大陸でのW杯優勝を果たしたドイツ。この快挙の裏には、様々な要因が考えられるが、その中でも移民を含めたブンデスリーガの下部組織改革の影響が大きい。

「目を逸らしてはいけない」。W杯決勝、岡田武史氏の明言が話題に

「目を逸らしてはいけない」。W杯決勝、岡田武史氏の明言が話題に

7月14日早朝にNHK総合が生中継したワールドカップ決勝戦ドイツ対アルゼンチンの視聴率が凄かったと話題だ。

アディダスがW杯総集編CMをリリース。ファンの記憶に残るハイライト場面を映像化

アディダスがW杯総集編CMをリリース。ファンの記憶に残るハイライト場面を映像化

ドイツの大手スポーツメーカー、アディダスが14日、ブラジル・ワールドカップの総集編CMをリリースした。「ザ・フィーリング」と題された同CMは大会で数多くのファンの記憶に残るハイライト場面をモンタージュで映像化している。

「偉大なヨギ」「永遠の指揮官」。4度目Vのドイツ、現地はレーブ監督を激賞

「偉大なヨギ」「永遠の指揮官」。4度目Vのドイツ、現地はレーブ監督を激賞

W杯優勝から一夜明け、ドイツは祝福ムードに包まれた。メディアが賛辞を贈ったのはレーブ監督だ。2006年から代表スタッフとしてチームに関わってきた指揮官にはこれ以上ないほどの賞賛を受けた。

ダニエル・クレイグ、レブロン・ジェームズ、マテラッツィら。W杯決勝戦のVIP席が乱雑すぎると話題

ダニエル・クレイグ、レブロン・ジェームズ、マテラッツィら。W杯決勝戦のVIP席が乱雑すぎると話題

13日にリオ・デ・ジャネイロのマラカナン・スタジアムで行われたブラジル・ワールドカップの決勝戦、ドイツ対アルゼンチン戦のVIP席に招かれた有名人が乱雑すぎると話題になっている。

「W杯ベスト美人はゲッツェの彼女で決まり」決勝点決めたゲッツェ、勝利の女神とハグ

「W杯ベスト美人はゲッツェの彼女で決まり」決勝点決めたゲッツェ、勝利の女神とハグ

ブラジル・ワールドカップ決勝戦、ドイツ対アルゼンチンの試合で延長後半に決勝ゴールを決めたFWマリオ・ゲッツェに勝利の女神が舞い降りた。

ベルリンのパブリックビューイングで約20万人がW杯優勝見守る

ベルリンのパブリックビューイングで約20万人がW杯優勝見守る

13日に行われたブラジル・ワールドカップ決勝戦、ドイツ対アルゼンチンの歴史的瞬間に立ち会うため、ドイツの首都ベルリン中心部のブランデンブルク門で行われたパブリックビューイングに20万人のサポーターが駆け付けた。

メッシ、なぜW杯MVP? 海外メディア・ファンからはスポンサー絡みの陰謀説まで浮上

メッシ、なぜW杯MVP? 海外メディア・ファンからはスポンサー絡みの陰謀説まで浮上

ブラジル・ワールドカップで準優勝に甘んじたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがゴールデンボール(大会MVP)を受賞したことについて、選考基準について早くも海外メディアやファンから批判が巻き起こり、陰謀説も浮上している。

W杯優勝直後ドイツ代表、国家の2トップを囲み集合写真を撮る!

W杯優勝直後ドイツ代表、国家の2トップを囲み集合写真を撮る!

ブラジル・ワールドカップを制したドイツ代表が、試合直後にチーム控室で黄金のカップを囲んで集合写真を撮り、その中央にドイツ国家の2トップ、大統領のヨアヒム・ガウクと首相のアンゲラ・メルケルが陣取った。

ドイツを優勝に導いた理想と現実の“バランス”。アルゼンチンを上回った“総合力”

ドイツを優勝に導いた理想と現実の“バランス”。アルゼンチンを上回った“総合力”

ブラジルW杯決勝は、延長線にもつれこむ接戦となったが、ドイツがゲッツェのゴールで競り勝った。メッシという稀代の天才を擁するアルゼンチンを突き放すことができたのはなぜか? そして大会を通じて見えたドイツの強さとは?

明暗を分けた選手層。シュールレとゲッツェ、交代選手が試合を決めたドイツ。低調なパフォーマンスに終始したアルゼンチン

明暗を分けた選手層。シュールレとゲッツェ、交代選手が試合を決めたドイツ。低調なパフォーマンスに終始したアルゼンチン

ブラジルW杯決勝。勝敗を分けたのは交代出場選手のプレーだった。ドイツはシュールレとゲッツェが試合を決め、アルゼンチンはアグエロとパラシオが低調なパフォーマンスに終わった。

新着記事

↑top