ドイツ代表

ドイツメディアが殊勲の同点ゴール、クローゼを絶賛。「メガ・ジョーカーになる」「おじいちゃんが救う」

ドイツメディアが殊勲の同点ゴール、クローゼを絶賛。「メガ・ジョーカーになる」「おじいちゃんが救う」

ガーナと引き分けたドイツ。1点をリードされ厳しい状況の中、チームを救ったのは途中出場のクローゼだった。同点ゴールをあげたベテランはドイツメディアはこぞって賛辞を贈る。

20140623_rev

ドイツは世界を奪還できるのか? ヨアヒム・レーブのドイツ代表改革

南米開催のW杯では未だにないヨーロッパ勢の優勝。前人未到の偉業に本気で挑もうとしているのがドイツ代表だ。就任以来、レーブ監督は一貫した指導方針で強化を進めてきた。『ドイツサッカーマガジンKAISER(カイザー)vol.1』(ブックビヨンド)の中から抜粋し、ドイツ代表の改革に迫る。

ドローに持ち込むもガーナの知略に苦しんだドイツ。浮き彫りになった優勝候補の構造的欠陥

ドローに持ち込むもガーナの知略に苦しんだドイツ。浮き彫りになった優勝候補の構造的欠陥

打ち合いになったドイツ対ガーナは2-2の引き分けに終わった。ドローには持ち込んだが、ドイツが苦しんだのは事実。何が原因だったのか? 知性に富んだガーナの戦略が優勝候補の欠陥を浮き彫りにした。

ドイツ代表レーブ監督、ロナウドにトドメの一撃! 鼻をほじった手を差し伸べて…

ドイツ代表レーブ監督、ロナウドにトドメの一撃! 鼻をほじった手を差し伸べて…

16日に行われたブラジル・ワールドカップのG組初戦で、ドイツがポルトガルに4-0で大勝を収めた直後、ドイツのヨアヒム・レーブ監督がポルトガルの主将クリスチアーノ・ロナウドにトドメの一撃を見舞っていたことが明らかとなった。17日の英メディアが報じた。

「誰が本当のロナウドだ?」。3得点のミュラーに最大の賛辞。圧勝に興奮するドイツ、首相もロッカールームに乱入

「誰が本当のロナウドだ?」。3得点のミュラーに最大の賛辞。圧勝に興奮するドイツ、首相もロッカールームに乱入

難敵ポルトガルに4得点、圧勝したドイツ。国内メディアは少々興奮気味にその様子を伝えている。ハットトリックのミュラーには当然のように賛辞。引き合いに警戒していたクリスティアーノ・ロナウドを出した。

速攻もポゼッションも自由自在。ドイツ快勝、前線の流動性でポルトガルを圧倒

速攻もポゼッションも自由自在。ドイツ快勝、前線の流動性でポルトガルを圧倒

ドイツが強敵ポルトガルに4-0と素晴らしいスタートを切った。ポゼッションスタイルに固執することなく、速攻でも迫力ある攻撃を繰り出した。

ポドルスキ、ドイツ“のラッキーボーイ”となるか。アルメニア戦1ゴール3アシストでロイス欠場の不安を払拭

ポドルスキ、ドイツ“のラッキーボーイ”となるか。アルメニア戦1ゴール3アシストでロイス欠場の不安を払拭

アルメニアとのテストマッチでマルコ・ロイスが負傷し、欠場か決定したドイツ代表。しかし、この試合では代わって途中出場したルーカス・ポドルスキが爆発。ドイツを勝利に導くラッキーボーイとなるのだろうか。

良くも悪くもペップ・バイエルンの“模倣”となったドイツ代表。ポゼッションスタイルは実現もW杯では「危険な綱渡り」

良くも悪くもペップ・バイエルンの“模倣”となったドイツ代表。ポゼッションスタイルは実現もW杯では「危険な綱渡り」

ペップ・バイエルンのポゼッションスタイルを模倣したドイツ代表。カメルーンとのテストマッチではカウンターへの弱さも露呈した。本大会まで残り1試合と限られた時間で精度を上げる事ができるのだろうか。

「恐ろしくよく走る」。“マラソンマン”クラマー、W杯ドイツ代表入りなるか? レーブ監督も高評価「率直にチャンスはある」

「恐ろしくよく走る」。“マラソンマン”クラマー、W杯ドイツ代表入りなるか? レーブ監督も高評価「率直にチャンスはある」

ボルシアMGで活躍したクリストフ・クラマー。当初はポーランドとの親善試合のみの招集だったが、この試合のプレーを目の当たりにしたレーブ監督は急遽30人の代表候補に加えた。最終メンバー23人入りへの最終選考は慣れ親しんだホーム、ボルシア・パークだ。

進撃のドイツ代表。固まったレーブ監督による“プランA”

進撃のドイツ代表。固まったレーブ監督による“プランA”

ドイツ代表が動き出している。5月13日にはポーランドと親善試合を行い、平均年齢21.87歳と驚きの若いメンバーを組んだ。そこで見えたのはレーブ監督がブラジルW杯で志向したいスタイルだ。

ツイッター上にあった誹謗中傷を実際に検証。アーセナルの「リベンジ動画」が英国で話題に

ツイッター上にあった誹謗中傷を実際に検証。アーセナルの「リベンジ動画」が英国で話題に

今季終盤戦で不振に陥り首位から4位に大きく順位を落としたアーセナル。その主力選手たちはツイッターで誹謗中傷を受けたが、それに対して英大手ベッティング会社パディ・パワーがアーセナルの練習場で企画した「リベンジ動画」が話題となった。8日の英メディアが報じた。

優勝候補ドイツに残る不安、試行錯誤の日々。解決策はペップ・バイエルンへの模倣か

優勝候補ドイツに残る不安、試行錯誤の日々。解決策はペップ・バイエルンへの模倣か

W杯優勝候補の1つ、ドイツ。だが、不安要素はある。それがワントップだ。健在とはいえ、ベテランのクローゼが未だにスタメンに名を連ねている。レーブ監督はある変化を加えようとした。そしてそこに見えるのは現代最強チーム、ペップ・バイエルンの影響だ。

新着記事

↑top