ハメス・ロドリゲス

既に100億円以上投入したクラブが5つも。移籍市場前半戦を総チェック! 欧州で最も戦力アップに成功したのは?

既に100億円以上投入したクラブが5つも。移籍市場前半戦を総チェック! 欧州で最も戦力アップに成功したのは?

W杯終了後、各クラブも本腰を入れてきた選手補強。序盤の移籍市場でスタートダッシュを決めたクラブはどこなのだろうか? 各リーグ主要クラブの補強をチェックする。

アディダスがW杯総集編CMをリリース。ファンの記憶に残るハイライト場面を映像化

アディダスがW杯総集編CMをリリース。ファンの記憶に残るハイライト場面を映像化

ドイツの大手スポーツメーカー、アディダスが14日、ブラジル・ワールドカップの総集編CMをリリースした。「ザ・フィーリング」と題された同CMは大会で数多くのファンの記憶に残るハイライト場面をモンタージュで映像化している。

メッシ、なぜW杯MVP? 海外メディア・ファンからはスポンサー絡みの陰謀説まで浮上

メッシ、なぜW杯MVP? 海外メディア・ファンからはスポンサー絡みの陰謀説まで浮上

ブラジル・ワールドカップで準優勝に甘んじたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがゴールデンボール(大会MVP)を受賞したことについて、選考基準について早くも海外メディアやファンから批判が巻き起こり、陰謀説も浮上している。

ハメスとクアドラード、2人のキーマンを封じられたコロンビア。相手の長所を潰したブラジルの強さが光るも、準決勝へ大きな不安

【閲覧注意動画】W杯ブラジル戦、ハメス・ロドリゲスが超巨大昆虫に襲われる! なお本人は無傷

ブラジルW杯、ベスト8。ブラジル対コロンビアの一戦で、目を疑うようなシーンがあった。コロンビアのエース、ハメス・ロドリゲスがある巨大なものに襲われている……。

ファン・ペルシー8強攻略に向けての新技を開発か。浜辺で「ノールック・ビーチテニス」を楽しむ

ファン・ペルシー8強攻略に向けての新技を開発か。浜辺で「ノールック・ビーチテニス」を楽しむ

オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが5日にサウバドルで行われるブラジル・ワールドカップ準々決勝のコスタリカ戦に向けて、助監督のパトリック・クライフェルト氏とビーチテニスを行った。2日の英メディアが報じた。

コロンビア、新星ハメスが人々の懐を潤すか

8強そろったW杯、賭け率から優勝国をシミュレート。各社ともブラジル有力。高額配当のコロンビア、新星ハメスが人々の懐を潤すか

ブラジルW杯もベスト8までが決定。ベスト4、決勝進出、優勝はどのチームになるのだろうか? 主なブックメーカーのオッズから今後の展開をシミュレートしてみる。

20140628_konno

英国人記者が見た日本代表。弱いメンタル、脆すぎる自信、間違えた戦術、JFAからの無理難題

1分2敗の惨敗でブラジルW杯を去った日本代表。相手との明確な差が露呈したコロンビア戦。この敗戦から見えた日本代表の課題とは?

話題の中心はコロンビア。引き立て役に過ぎなかった日本。フランス人の認識は“駄目プレーの代名詞=日本人”

話題の中心はコロンビア。引き立て役に過ぎなかった日本。フランス人の認識は“駄目プレーの代名詞=日本人”

日本対コロンビアの一戦はフランスでは、あまり関心を呼ばなかったようだ。特に日本は引き立て役に過ぎず、話題の中心はコロンビア。彼の国がどのような認識なのかを思い知らされたW杯だった。

ブラジルメディアが見た日本。大会前の期待に応えず厳しい評価。「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点

ブラジルメディアが見た日本。大会前の期待に応えず厳しい評価。「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点

サブ組主体のコロンビアに1-4と完敗した日本。ブラジルメディアからは厳しい評価を下された。とはいえ、論調は日本を批判するよりもコロンビアを評価するものが目立った。

【コロンビア密着!】日本に付け入る隙はあるか? 要警戒の3選手とは?

【コロンビア密着!】日本に付け入る隙はあるか? 要警戒の3選手とは?

運命の一戦が迫ってきた。難敵コロンビアに日本はどう立ち向かうべきなのか? 好選手が揃うチームだが、特に警戒すべき選手がいる。コロンビアに密着した記者が分析する。

新着記事

↑top