バルサ

0126Messi_getty

バルセロナの完敗はなぜ? メッシ依存を脱せず、各駅停車のティキ・タカは暗中模索

リーガ・エスパニョーラ第21節、バレンシア対バルセロナが現地25日に行われ、2-0でバレンシアが勝利を収めている。敗れたバルセロナはキケ・セティエン監督就任後、カップ戦を挟んで2試合目のリーグ戦に臨んだが、無得点に終わった。新体制は早くも課題に直面することとなった。(文:加藤健一)

キケ・セティエン

バルセロナが取り戻した驚異的な支配率。新監督の初陣はどうだったのか? 復活した魅惑のフットボール

リーガ・エスパニョーラ第20節、バルセロナ対グラナダが現地時間19日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。キケ・セティエン監督の初陣ということで大きな注目を集めたこの試合だが、さっそく新指揮官の色が出たと言えるだろう。驚異の支配率82%という数字は、どのようにして生まれたのだろうか。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top