パウロ・フォンセカ

冨安健洋

冨安健洋にすべての責任はあるのか? ボローニャ大量5失点、難敵ローマに“壊されて”しまった理由とは【分析コラム】

セリエA第11節、ボローニャ対ローマが現地時間13日に行われ、1-5でアウェイチームが大勝を収めている。日本代表DFの冨安健洋はこの日もフル出場。しかし、ロメル・ルカクに大苦戦した前節に引き続き、厳しい結果となってしまった。なぜ、ボローニャの守備陣はズタズタに壊されてしまったのだろうか。(文:神尾光臣【イタリア】)

20201126_roma_getty

ローマって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 前線の30代“おっさんトリオ”がチームをけん引

パウロ・フォンセカ体制2年目を迎えたローマは、リーグ戦開幕から8試合でわずか1敗と好調だ。ユベントスやミランとも引き分けるなど昨季以上にポジティブな結果を残している。そのチームを引っ張るのは、30代の“おっさん”たち。さらに若手も台頭しつつある。今回は3バックで安定した戦いぶりを見せるローマの最新スターティングメンバー11人を、フォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

ローマ

「我々は負けて当然だった」。ローマが完敗を喫した理由。セビージャが持ち込んだ戦略とは?【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、セビージャ対ローマが現地時間6日に行われ、2-0でセビージャが勝利している。今季のセリエAを5位で終えたローマは、ファーストシュートまで35分もの時間を費やすなど大苦戦。攻撃陣も停滞を余儀なくされた。(文:小澤祐作)

ローマ

ローマはCL出場権獲得で満点合格。勝負のフォンセカ体制1年目、ポイントとなるのは?【欧州主要クラブ補強診断(9)】

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はローマの補強を読み解く。(文:編集部)

セリエA

開幕直前! イタリア・セリエA、10の見どころ。サッカー通ほど面白い、見逃したら損なポイントは?【編集部フォーカス】

現地時間24日に開幕するイタリア・セリエA。昨季はユベントスが圧倒的な強さを見せ、前人未到の8連覇を達成する形で幕を閉じた。今季も同クラブが優勝候補筆頭となるが、積極的な補強を見せたナポリやインテルといったクラブも王座奪還を虎視眈々と狙っている。今回フットボールチャンネル編集部では、開幕を目前に控えたセリエAの注目ポイントを紹介する。

新着記事

↑top