パク・チュヨン

20200528_southkoreano10_getty

韓国代表、背番号10の系譜。日韓大会4強進出の英雄、流浪の嫌われ者、そして“コリアン・メッシ”へ

韓国代表では、「背番号10」は誰が着用してきたのだろうか。韓国史上初のベスト4進出を果たした日韓大会から、最新のロシア大会までのワールドカップ5大会で「アジアの虎」の背番号10を任された選手たちの活躍を振り返る。※所属クラブは当時(2020年5月掲載の記事を再編集したものです)

20140628_pak

韓国メディアがW杯を総括。「“サッカー強国”の幻想に取り憑かれていた」。監督評価も手の平返し「人事の惨事」

グループリーグ敗退を受け、韓国メディアが自国代表を総括した。当然のことながら厳しい論調が並んだ。結果を出せなかったパク・チュヨンへの批判は多くあり、彼を起用したホン・ミョンボ監督も非難されている。

「W杯史上最悪」「勝ち点の自販機になる」。ガーナ戦惨敗で地元メディアはこぞって非難。本大会目前に絶望しか見えない韓国

「W杯史上最悪」「勝ち点の自販機になる」。ガーナ戦惨敗で地元メディアはこぞって非難。本大会目前に絶望しか見えない韓国

ガーナとの親善試合で0-4と惨敗を喫した韓国代表。地元メディアはこぞって非難し、W杯本大会を前に絶望しか見えてこないという。グループHでは、ロシア、アルジェリア、ベルギーと対戦するが、突破への希望はあるのだろうか。

フィジカルコーチに聞くW杯に向けたコンディション調整。出場機会減・けが人続出の日本代表は大丈夫か?

フィジカルコーチに聞くW杯に向けたコンディション調整。出場機会減・けが人続出の日本代表は大丈夫か?

ザックジャパンのメンバーがここにきて負傷者が増えている。クラブで出場機会を減らしている選手もいるだけに心配なのはW杯へ向けたコンディション調整だ。欧州リーグが終わってからW杯開幕までの期間で果たして大丈夫なのか? 韓国代表でフィジカルコーチを務める池田誠剛氏に話を聞いた。

久々復帰のパク・チュヨンが好調アピールも守備では大きな課題。W杯へ向け韓国代表の模索は続く

久々復帰のパク・チュヨンが好調アピールも守備では大きな課題。W杯へ向け韓国代表の模索は続く

先日、ギリシャに快勝した韓国代表。FWには13ヶ月ぶりに復帰したパク・チュヨンが入り、先制点をマークするなど結果を残した。守備に不安を抱えながらも、ある程度チームの形が見えたことで、勢いはついた。

新着記事

↑top