ビセンテ・デル・ボスケ

「バルサとスペインにありがとう」。バルサ黄金時代が生み出した栄光。傷に蓋したメディアの責任も合わせて当然の帰結

「バルサとスペインにありがとう」。バルサ黄金時代が生み出した栄光。傷に蓋したメディアの責任も合わせて当然の帰結

既に敗退が決まったチーム同士の対戦となったスペイン対オーストラリア。近年の栄光が音を立てて崩れ去った今大会をスペインメディアはどう報じたのだろうか? そして、スペイン代表は憎らしいまでの強さを取り戻すことが出来るのだろうか。

20140619_del_getty

スペイン代表デル・ボスケ監督、チリ代表のバスに乗り込む。敗退ショックか

スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が18日にマラカナンで行われたブラジル・ワールドカップのグループB第2戦で、チリに0-2で敗れ2連敗で敗退が決まった直後、相手チームのバスに乗りこもうとしていたことが明らかとなった。19日の英メディアが報じた。

20140619_del_getty

スペインが早期敗退した4つの理由。現地メディアは「王位を放棄」、10選手“採点不能”と酷評

W杯第2戦、王者スペインがチリに無残にも敗れ、グループ突破の可能性を失った。現地メディアは当然のように酷評。敗因には主に4つの問題点があげられた。

20140614_kas

大敗のスペイン。現地メディアがカシージャスのスタメン落ちを問うアンケート。守備陣は採点不可能、と大批判

W杯グループ初戦で激突した前回決勝のカード。スペイン対オランダは思わぬ大差がついた。5-1でオランダの大勝。まさかの事態にスペインメディアは代表チームを痛烈に批判した。

【独占インタビュー】スペイン代表監督デル・ボスケの自信「W杯、連覇だけを目指す」

【独占インタビュー】スペイン代表監督デル・ボスケの自信「W杯、連覇だけを目指す」

近年、輝かしい成績を残しているスペイン代表。その圧倒的な強さゆえ、狙われる立場として強力な対スペイン網が敷かれつつある。この状況で名将はどのような作戦を練っているのか?『フットボールチャンネル02 スペインは負けない。』(6月4日発売)では本人へのインタビューを行った。(翻訳:江間慎一郎)

負傷者続出で発表持ち越しとなったW杯スペイン代表。指揮官が頭を悩ませる「8-4」の引き算

負傷者続出で発表持ち越しとなったW杯スペイン代表。指揮官が頭を悩ませる「8-4」の引き算

期限ギリギリの6月2日まで持ち越しとなったスペイン代表23人。リーガ最終節、チャンピオンズリーグ決勝で先発も、ともに15分と持たず退いたジエゴ・コスタの状態を待ちたいというデル・ボスケ監督の思いは当然だ。GKカシージャスにも不安が残るが、デル・ボスケ監督はどのような決断を下すのだろうか。

新着記事

↑top