ピーター・クラモフスキー

0721Cklamovski_kato

清水エスパルスは「マリノスのコピー」ではない。公式戦6連敗スタートでも、悲観すべきではない理由とは?【週刊J批評】

明治安田生命J1リーグ再開から2週間が経過し、各クラブは4試合を消化した。今季からピーター・クラモフスキー監督が指揮を執る清水エスパルスは、中断前も含めて公式戦6戦全敗と波に乗れていない。チームがチャレンジする新たなサッカーはどのようなものなのか。連敗の中で見えてきた実像と課題を掘り下げる。(取材・文:河治良幸)

0306Arthur_Getty

清水エスパルス、中村慶太はバルセロナMFに似ている。「剥がせるボランチ」は攻撃型へ変わるチームの象徴的存在に【西部の目】

今季から清水エスパルスの指揮を執るピーター・クラモフスキーは、攻撃的なチームへとシフトさせようとしている。これまでは攻撃的MFでプレーすることが多かった中村慶太はその象徴的な存在だ。1-3で敗れた2月23日のFC東京戦で、指揮官は中村をボランチで起用している。ポジションを一列下げたことで活かされる中村の特徴は、チームにどのような変化をもたらすのだろうか。(文:西部謙司)

新着記事

↑top