ファン・ウェルメスケルケン・際

ファン・ウェルメスケルケン・際

異色の経歴を持つ選手たちが歩んだプロまでの系譜

「プロのサッカー選手になりたい!」。『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.40』(3月7日発売号)を読んでくれているサッカー少年・少女たちの多くはそんな夢を描いてくれているのではないだろうか。ここでは異色の経歴を持ちながらも活躍する選手たち紹介しており、今回はその一部をここでも掲載する。(文:ジュニアサッカーを応援しよう!編集部)

20160313_sai_funaki

U-23代表の“救世主”、V・ウェルメスケルケン際。蘭で揉まれた若武者が抱く果てなき野望【独占取材】

U-23日本代表は今月末、ポルトガルで強化遠征を行う。そのメンバーにサプライズ招集されたのがオランダで奮闘を続けるファン・ウェルメスケルケン際だ。オランダ人と日本人のハーフである際はこれまでどんな軌跡を描き、そしてU-23代表へどんな思いを抱いているのか? 2月にオランダで独占インタビューし、また代表メンバー発表後に追加で話を聞いた。(取材:舩木渉)

ドルトレヒトのファン・ウェルメスケルケン・際

蘭2部で奮闘するサムライ、逆境をバネにチャンス掴めるか。夢の五輪出場へ信じるは努力のみ

オランダ2部のドルトレヒトで奮闘するファン・ウェルメスケルケン・際は、気温1℃の寒空の下で黙々とウォーミングアップを続けていた。人生で一度しかないオリンピック出場のチャンスを掴むため、若きサムライはアピールに燃えている。

【独占取材】オランダで挑戦を続ける新たな“サムライ”。目指すは「日本と海外の架け橋」

【独占取材】オランダで挑戦を続ける新たな“サムライ”。目指す夢は「日本と海外の架け橋」

ファン・ウェルメスケルケン・際――。彼はオランダで挑戦を続ける“サムライ”のひとりだ。所属するFCドルトレヒトは14/15シーズンでエールディヴィジから降格し、来季は2部を戦うが、オランダ人の父親と日本人の母親の間に生まれた際(さい)の目は、将来のビジョンを見据えている。以下、際への独占インタビューである。

新着記事

FChan TV

↑top