フィリップ・トルシエ

仏テロ、トルシエ元日本代表監督&ダバディ通訳が鎮魂「世界の終末のような…」

仏テロ、トルシエ元日本代表監督&ダバディ通訳が鎮魂「世界の終末のような…」

ともにフランス人のフィリップ・トルシエ元日本代表監督と当時通訳を務めたフローラン・ダバディ氏がパリで発生した同時多発テロに関してコメントを寄せた。

Jリーグ応援番組【J.Chan #5-3】「俊輔を外したのは間違いだった」。ダバディ氏が語る日韓W杯の真相

Jリーグ応援番組【J.Chan #5-3】「俊輔を外したのは間違いだった」。ダバディ氏が語る日韓W杯の真相

サッカーを愛するすべての人へ、フットボールチャンネルが送るJリーグ応援番組「J.CHAN」

アギーレ新監督に期待するトルシエ時代の再燃。今の日本サッカーに必要なのは“バトル”ではないか?

アギーレ新監督に期待するトルシエ時代の再燃。今の日本サッカーに必要なのは“バトル”ではないか?

毎週週替わりのテーマを肴に複数の識者が議論を交わす『J論』。今週のテーマは「日本代表アギーレ新監督に期待すること、不安に思ってしまったこと」。8月11日に行われた就任記者会見では強い意欲を語った新指揮官だが、新生日本代表の前に問題は山積している。会見から見えてきたこと、そして不安要素とは......。今回登場する博識の党首・大島和人がアギーレ氏から感じ取るのは衝突と論争の気配だという。しかし、それは決してネガティブなニュアンスではない。

20140620_zac_getty

「自分たちのサッカー」とは何だったのか? ジーコ時代との相似点と日本代表を巡る8年周期の問題点

日本代表にとって2014年W杯は2006年W杯を想起させるものとなった。試合展開やスコアが近似していたのは偶然に過ぎないが、チームを取り巻く環境がこの2大会は類似していたように思える。両大会を比較し、あるべき日本サッカーの方向性を再考した。

戸田和幸が回想する02年W杯。「大会が終わったら死んでもいいと思っていました」

戸田和幸が回想する02年W杯。「大会が終わったら死んでもいいと思っていました」

世代別の日本代表も指導したトルシエ監督のもとそのコンセプトを理解した個性豊かな選手たちが自国開催のW杯での躍進という目標で結束されチームは初の決勝トーナメント進出を達成した─―。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

遠藤が回想するザックジャパン、アルゼンチン・韓国戦。発言から見えるベルギー遠征との共通点

遠藤が回想するザックジャパン、アルゼンチン・韓国戦。発言から見えるベルギー遠征との共通点

ザックジャパンを支え続けた男、遠藤保仁。彼はチームのスタートをどう回想するのか。遠藤の発言からは興味深い事実が浮かび上がる。アルゼンチン、韓国との連戦とオランダ、ベルギーとの連戦の共通点だ。

新着記事

↑top