フェルナンド・サントス

ポルトガル、「戦術:C・ロナウド」で頂点へ。堅実な智将が抱える頭痛の種とは【ロシアW杯注目国分析】

いよいよ開幕を迎える2018 FIFAワールドカップロシア大会。各国がそれぞれの目標を達成するために23選手を選抜し、コンティション調整を続けている中、本大会を前に注目国の状況をチェックする。今回はグループBのポルトガル代表を取り上げる。(文:編集部)

C・ロナウドとともに世界の頂点へ。ポルトガルの誇る多士済々のタレントと智将の化学反応【ロシアW杯全32チーム紹介】

6月14日に開幕する2018FIFAワールドカップロシア。グループリーグの組み合わせも決定し、本大会に向けて期待感は高まるばかりだ。4年に一度開催されるサッカーの祭典には各大陸予選を勝ち抜いた32チームが参加する。フットボールチャンネルでは、その全チームを紹介していきたい。今回はグループBのポルトガル代表を取り上げる。(文:河治良幸)

ポルトガルがEUROを制した4つの理由。美しさよりタフさ優先、ピッチ内外の大改造でたくましく

EURO2016を制したポルトガル。ロナウドというスターを擁するが、決して本命ではなかった同国はなぜ優勝できたのか。ポルトガルで長く記者として活動し、この国のサッカーを誰よりも熟知する記者が、4つのポイントで解説する。(文:鰐部哲也)

ポルトガルが狙った膠着状態。大会中の戦術変更。菱形の中盤とスローテンポによる1点勝負【西部の4-4-2戦術アナライズ】

中盤を菱形にした4-4-2でEURO2016を制覇したポルトガル代表。開催国フランスとの決勝戦では、膠着した試合に持ち込み、エデルの一撃で勝利を掴んだ。グループステージで3位だったイベリア半島のチームは、大会期間中にスタイルを大きく変更している。悲願のタイトルをもたらした、その英断とは。(文:西部謙司)

新着記事

↑top