フェルナンド・トーレス

史上最も"お金を動かした"サッカー選手は? 1位はなんと総額250億円!

史上最も”お金を動かした”サッカー選手は? 1位はなんと総額250億円!

サッカー史上最も移籍金を動かしたサッカー選手は誰なのだろうか? スペインメディア『フットボルフィナンサス』が興味深いデータを発表している。

20141130_Honda_getty

ウディネーゼ戦、先発濃厚の本田。求められる仕事はただ一つ「点を取れ」。得点量産への鍵とは?

セリエA第13節、ミランはホームでウディネーゼと対戦する。前節ミラノダービーでは、今季初のベンチスタートとなった本田圭佑だが、地元紙は右FWでの先発を予想。再び得点量産に期待が集まる。

カリアリ戦、本田は中2日で先発へ。鬼才ゼーマン監督の“超攻撃サッカー”を凌駕できるか。先制点が鍵を握る

カリアリ戦、本田は中2日で先発へ。鬼才ゼーマン監督の“超攻撃サッカー”を凌駕できるか。先制点が鍵を握る

セリエA第9節カリアリ戦、地元メディアは本田圭佑の先発を予告している。鬼才ゼーマン監督に率いるカリアリは超攻撃サッカーを展開する難敵。本田が精力的なランニングで相手のペースを凌駕することが期待される。

地の底に堕ちた母国に一筋の光が――。EURO出場を目指すイングランド、未来は19歳スターリングと共に

フットボールマネーを追え!【10】高騰を続ける「移籍金」。多国籍化するチーム。背景にある『ボスマン判決』

年々高騰を続ける選手の移籍金。『ボスマン判決』以降、有力選手の争奪戦は過熱化の一途をたどり、クラブも移籍市場に大金を投じて長期契約を求めるケースが増えた。さらに、EU域内の外国枠撤廃によってチームは多国籍化し、自国選手の育成に影響も与えている。

新着記事

↑top