フェルラン・メンディ

1126Nacho_getty

なぜそこにCBが? セルヒオ・ラモス不在で講じた「ルカク封じ」。レアル・マドリードのインテル対策とは?【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節、インテル対レアル・マドリードが現地時間25日に行われ、0-2でレアルが勝利した。レアルはカリム・ベンゼマとセルヒオ・ラモスを欠く危機的な状況だったが、代役を務めた選手たちが活躍。ジネディーヌ・ジダン監督の采配が、チームをグループステージ突破に近づけた。(文:加藤健一)

20201110_real_getty

レアル・マドリード最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。失望のアザール、代わりは誰が務めている?

ラ・リーガも9節を消化した(レアル・マドリードは1試合を未消化)。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、レアル・マドリードの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

セルヒオ・ラモス

レアルの主役はジダン監督。若手躍動にベテラン復活…リーガ最強軍団が歩んだ優勝への道のり【19/20シーズン総括(3)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はレアル・マドリードの1年を振り返る。(文:編集部)

レアル・マドリー

レアル・マドリードが怒涛の8連勝を果たせた理由。新たな風を吹き込む左サイドの猛者とは?

ラ・リーガ第35節、レアル・マドリード対アラベスが現地時間10日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。セルヒオ・ラモスを筆頭にDFラインに欠場者が相次いだマドリーであったが、決めるべきところでしっかりと点を奪い、完勝を収めた。その中で、チームに新たな風を吹き込む男の活躍は欠かせないものとなっていた。(文:小澤祐作)

20200609_focus_getty

世界最高の左サイドバックは誰だ! LSB能力値ランキング11位~15位。マルセロを脅かす、レアルの新ピースとは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

新着記事

↑top