フットボールサミット

鹿島アントラーズという環境―大岩剛が見てきた若き内田篤人―

鹿島アントラーズという環境―大岩剛が見てきた若き内田篤人―

Jリーグの鹿島アントラーズで、プロとして成長した内田篤人。豊富な経験をたずさえ、ともにディフェンスを支えた、大岩剛は彼の成長に何を感じていたのか。じっくりと盟友の言葉に耳を傾けた。

内田の知性

内田の知性―磨かれ続けるフットボール・インテリジェンス―

内田篤人のサッカー選手としての一番の魅力は“知性”ではないだろうか。1対1を重視するドイツで通用するために、日本代表をチームとして機能させるために。進化を続けるサイドバックのフットボール・インテリジェンスに迫る。

フットボールサミット第16回

フットボールサミット第16回

それでも「内田篤人」が愛される理由

ガンバのDF陣たちが語る“守備改革の現在地”

ガンバのDF陣たちが語る“守備改革の現在地”

ガンバの課題となっている守備の改革へ乗り出した長谷川監督。選手の証言からチームにもたらされた守備組織の変革を辿る。

ガンバ再建のビジョン――長谷川健太が語るチーム改革論

ガンバ再建のビジョン――長谷川健太が語るチーム改革論

2012年、J2に降格したガンバ大阪の再建を託された長谷川健太監督。指揮官が掲げる改革のビジョンとは、どのようなものか? 監督としての哲学とともに、これまでと合わせて話を聞いた。

『フットボールサミット第15回』が、ついに発売!!

『フットボールサミット第15回』が、ついに発売!!

サッカー界の論客首脳会議『フットボールサミット第15回 』がついに発売となりました。今回は「「攻め勝つ」ガンバ大阪の流儀 超攻撃スタイルの未来を問う」です。ガンバのホームである大阪の書店にて、早くも展開中です。

遠藤保仁――ガンバ・スタイルの真髄

遠藤保仁――ガンバ・スタイルの真髄

ガンバを象徴する攻撃サッカーは、どのようにして生まれたのか。クラブに在籍して13シーズン目、主将・遠藤保仁に話を聞いた。

フットボールサミット第15回

フットボールサミット第15回

『攻め勝つ』ガンバ大阪の流儀
超攻撃スタイルの未来を問う

新着記事

↑top