フランス代表

「彼は僕らをがっかりさせた試しがない」。バルブエナが4得点3アシスト。“レ・ブルー”、W杯での名誉挽回へポジティブな滑り出し

「彼は僕らをがっかりさせた試しがない」。バルブエナが4得点3アシスト。“レ・ブルー”、W杯での名誉挽回へポジティブな滑り出し

W杯本戦前のテストマッチ3戦の初戦となるノルウェー戦で4-0と快勝を収めたフランス代表。ベンゼマ、バラン、リベリーが不在の中でもバルエナが大車輪の活躍を見せ、ポグバも躍動。ポジティブな滑り出しを切った。

驚きではなかったナスリの落選。フランス代表、選出メンバーから見えるデシャン監督の長期プラン

驚きではなかったナスリの落選。フランス代表、選出メンバーから見えるデシャン監督の長期プラン

ブラジルW杯に臨む23人+予備登録7人を発表したフランス代表。23人中7人が23歳以下という若手を多く揃えたが、サミル・ナスリやエリック・アビダルは落選。4年後の自国開催ユーロを見据えたメンバーとなった。

フランス代表選手が故郷のアコーディオン工場に約8400万円寄付

フランス代表選手が故郷のアコーディオン工場に約8400万円寄付

アーセナルのフランス代表DFローレン・コシェルニーが経営難で閉鎖が目前に迫っていた故郷トゥールのアコーディオン工場に60万ユーロ(約8400万円)を寄付したことが明らかとなった。2月28日の英紙ガーディアンが報じた。

20131221_gir

かつては欧州・世界を制し、タレントも豊富だが――。フランス代表は“強豪”と呼べるのか?

かつてはW杯やユーロを制し、一時代を築いたフランス。しかし近年は不甲斐ない成績が続く。ベンゼマやリベリー、ポグバ、バランなど一線級のタレントもいるが、あまり期待値は高くない。レ・ブルーは本当に強豪と呼べるだろうか。

大逆転でワールドカップ進出を決めたフランス 勝負を決めた“メンタル”と“戦略”

大逆転でワールドカップ進出を決めたフランス 勝負を決めた“メンタル”と“戦略”

ブラジルW杯への出場を懸けて争われたウクライナとのプレーオフで、フランスは第1レグを0-2と落とした。国全体が諦めムードとなる中、第2レグは立ち上がりから猛攻を仕掛け、結果的に3-0で勝利。トータル3-2でW杯出場を決めた。大逆転に繋がった理由に迫る。

今の代表は国民性そのもの。個人主義のレ・ブルーに勝利至上主義のフランス国民がNon!

今の代表は国民性そのもの。個人主義のレ・ブルーに勝利至上主義のフランス国民がNon!

フランス代表が自国で不人気だ。8割以上の人が悪いイメージを抱き、「個人主義だ」と批判する。だが、代表とは国民を映す鏡。今の代表チームはまるでフランス国民そのものだ。

新着記事

FChan TV

↑top