ブリーラム・ユナイテッド

アフシン・ゴトビ

【現地レポート】捲土重来を期す元清水・ゴトビ氏。タイ・ブリーラム新監督として描くビジョン

2011年から14年のシーズン途中までJリーグの清水エスパルスで指揮を執ったアフシン・ゴトビ氏が、リーグ3連覇中のタイの強豪ブリーラムユナイテッドの監督に就任した。今季調子を崩すチームにあって、かつて韓国代表アシスタントコーチやイラン代表監督も務めた彼の手腕にかかる期待は大きい。ゴトビ監督の初戦を取材した。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

20160407_thai3

経済から見るタイサッカー。景気低迷も代表には勢い、アセアン利用し新たな局面へ

3月24日にイランで行われた2018年のロシアW杯アジア2次予選、タイはイラクと2対2で引き分け、F組1位を確定。実に、2002年日韓ワールドカップの予選以来となる、最終予選進出を決めた。活躍する代表以外にも、タイサッカーは様々な面で新たな局面を迎えようとしている。(文:長沢正博【タイ】)

「タイの選手も日本でできることを証明したい」。J2→タイ→J1セレッソへ。“逆輸入Jリーガー”平野甲斐の挑戦

「タイの選手も日本でできることを証明したい」。J2→タイ→J1セレッソへ。“逆輸入Jリーガー”平野甲斐の挑戦

東南アジアへ移籍する日本人選手は珍しくなくなった。中でもタイへ活躍の場を移す選手は多い。平野甲斐もその一人。J2のカターレ富山からタイの強豪ブリーラムへと移籍した。平野が他の選手と違うのは、再び日本へ戻ってきたこと。しかもJ1のセレッソ大阪だ。“逆輸入Jリーガー”の挑戦が始まる。

新着記事

FChan TV

↑top