ヘップ・グアルディオラ

リバプールに加入、チアゴとは何者か? まさに優勝請負人、グアルティオラの愛弟子をクロップはどこで起用するのか?

リバプールは現地時間18日、バイエルン・ミュンヘンからチアゴ・アルカンタラを獲得したことを発表した。今季の欧州王者から昨季の王者への移籍を決断したチアゴとはどのような選手なのか。そして、欧州とプレミアリーグで頂点に立ったリバプールではどのように起用されるのか。チアゴの生い立ちとプレースタイルを紹介するとともに、リバプールでの起用法を予想する。(文:加藤健一)

マンCが狙う最大の補強は? ナタン・アケとフェラン・トーレスはどう起用されるか【プレミアBIG6補強戦略(5)】

今夏は昨年までの移籍市場とは状況が違う。新型コロナウィルスの影響で、財政難に苦しむクラブが多く、売りたいチームが多い一方で、買い手側のクラブで資金が潤沢なのはごく一部。そのため多くの交渉が非常に難しい状況になっている。あるいは資金を準備できず、トレードでの移籍も増えそうな夏でもある。一方で補強の動きを止めれば、チームの新陳代謝が止まってしまう。各クラブ工夫を重ねて強化を成功させようとしている。そんな特別な夏におけるプレミアリーグBIG6の補強はどうなっていくのだろうか。今回はマンチェスター・シティを解説していく。(文:内藤秀明)

マンC、プレミア3連覇を逃した理由とは? 早々にペップの計画が崩壊、数少ない収穫は…【19/20シーズン総括(8)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はマンチェスター・シティの1年を振り返る。(文:編集部)

マンC敗退は必然だった? リヨンの4強進出が実現した理由。特殊なCLがゆえの大番狂わせ【欧州CL準々決勝】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝、マンチェスター・シティ対リヨンが現地15日に行われ、3-1でリヨンが勝利。10シーズンぶりの準決勝進出を決めた。大方の予想を覆した番狂わせはなぜ起こったのか。今大会の傾向を見ると、シティの敗退は必然だったのかもしれない。(文:舩木渉)

マンC対リヨン、予想スタメン&プレビュー。唯一の天敵? アグエロ不在で0トップ採用か【欧州CL準々決勝】

チャンピオンズリーグ(CL)はベスト4進出を懸けた戦いが始まっている。現地15日に行われるマンチェスター・シティ対リヨンはどんな試合になるだろうか。両クラブの現状や、先発出場メンバーを占う。

レアルの敗因はミスだが、マンCの勝因は? 変幻自在のグアルディオラ采配を可能にしたのは…【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・シティ対レアル・マドリードが現地時間7日に行われ、2-1で勝利したシティは連勝で準々決勝進出を決めている。レアルのミスから2点が生まれた試合だったが、ペップ・グアルディオラが用意した周到なゲームプランがシティの勝利を確実なものとした。(文:加藤健一)

久保建英とバルサで同期、エリック・ガルシアとは? 19歳CBがマンCで台頭…ピケの後継者の現在地

プレミアリーグ第37節が現地21日に行われ、マンチェスター・シティはワトフォードに4-0で圧勝した。チームが躍動した中で、最も“目立たなかった”のがエリック・ガルシアだった。それでも勝利における貢献度は高い。シティの最終ラインで台頭する19歳のセンターバックはどんな選手で、何を評価され、ペップ・グアルディオラ監督の信頼をつかんでいるのだろうか。(文:舩木渉)

ダビド・シルバこそ真のクラック。マンCの「レッドブルを飲んだリス」はまだまだすごい

現地15日にプレミアリーグ第36節が行われ、マンチェスター・シティはボーンマスに2-1で勝利した。後半は勇敢に襲いかかってくる残留争い中の相手に苦しめられたが、何とか勝ち点3をもぎとった。違いを生み出したのは、ダビド・シルバだ。もうすぐシティを去る在籍10年目のクラック(名手)は、相変わらずのまばゆい輝きを放っている。(文:舩木渉)

マンチェスター・シティと“バルセロナ原理主義”の数奇な運命。そして…暗く濁る未来の先は【クラブ哲学図鑑(2)】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、ペップとシティの宿命的な関係についての章を7月13日の発売に先駆けて一部を抜粋して公開する。(文:西部謙司)

マンチェスター・シティこそ、ポゼッションの始祖だった――。グアルディオラとの宿命的な関係とは?【クラブ哲学図鑑(1)】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、ペップとシティの宿命的な関係についての章を7月13日の発売に先駆けて一部を抜粋して公開する。(文:西部謙司)

マンC、誰も責められない左手…リバプール優勝でも終わらないフットボール。チェルシーはようやく本領発揮

今季のプレミアリーグの優勝が、リバプールに決まった。現地25日に行われた第31節で2位マンチェスター・シティがチェルシーに敗れ、残り7試合で首位との勝ち点差が23ポイントになったことを受けてのことだ。だが、今季はまだまだ終わらない。負けを認めたシティは次なる戦いに照準を合わせ、充実のチェルシーはここからが本番とばかりに力をたぎらせている。(文:舩木渉)

アーセナル、アルテタもお手上げのマンC戦大敗。あまりに不運すぎた100日ぶりプレミア再開

プレミアリーグのある日常が戻ってきた。現地17日に第28節延期分が開催され、マンチェスター・シティがアーセナルに3-0で勝利を収めた。順位表を見れば妥当な結果とも言えるが、内容を見ても妥当な結果に。敵地に乗り込んだアーセナルにとっては、アクシデント続出の不運すぎる再開初戦となってしまった。(文:舩木渉)

マンチェスター・シティ、絶望の未来か否か。CL除外、さらに4部降格なら…まもなく下されるFFPの処分【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

UEFA(欧州サッカー連盟)はマンチェスター・シティがFFP(ファイナンシャルフェアプレー)に抵触したとして、2シーズンのUEFA主催大会の出場禁止と2500万ポンド(約36億円)の罰金が言い渡した。もしこの処分が軽減されなかった場合、ペップ・グアルディオラ監督や選手たちはどのような未来を選ぶのか。とりわけ、選手キャリアの後半に差し掛かった選手たちの動向には注目が集まる。(文:粕谷秀樹)

肝はメッシ専用監獄。モウリーニョvsペップは壮大な哲学の衝突。バルセロナを破ったインテルのパズル【09/10CL準決勝1stレグ】

ジョゼ・モウリーニョとペップ・グアルディオラは、現代サッカーの重要な局面で度々激突してきた。2人のライバル関係ができあがったのは2009/10シーズンだと言えるだろう。DAZNが「Re-LIVE」と題して配信しているチャンピオンズリーグの名勝負、2010年4月20日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、インテル対バルセロナの名勝負を改めて振り返る。(文:舩木渉)

マンC、グアルディオラ体制歴代フォーメーション。プレミア連覇の最強チームはどのように作られたのか

バルセロナとバイエルン・ミュンヘンで数々のタイトルを獲得したペップ・グアルディオラは、2016年夏にマンチェスター・シティの監督に就任した。豊富な資金力を武器に急成長を遂げるクラブで、グアルディオラは就任2年目からプレミアリーグ連覇を達成し、数々の記録を塗り替えた。今回フットボールチャンネルでは、グアルディオラの監督就任から現在までの主要メンバーや基本システムを、シーズンごとに紹介する。

新着記事

↑top