ヘップ・グアルディオラ

あまりにドM…無能晒したモイーズ、有能なペップ。マンCの危機に待望のラストピースがハマる

来季以降2シーズンの間、欧州カップ戦からの締め出し処分が下されたマンチェスター・シティ。激動の中で選手たちはどんなパフォーマンスを見せたのだろうか。今季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメントに向けて、重要な選手も帰ってきた。名将ペップ・グアルディオラの腕の見せどころだ。(文:舩木渉)

ロドリはザルの目、マンチェスター・シティの生命線こそが弱点だった。モウリーニョが突いた敵の脆さ

プレミアリーグ第25節、トッテナム対マンチェスター・シティが現地時間2日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。試合は終始、シティがボールを保持する展開が続いたが、トッテナムに軍配が上がった。(文:加藤健一)

アーセナル、アルテタ新監督はふさわしい人物なのか。ヴェンゲルもグアルディオラも信頼する男の略歴

アーセナルの監督にミケル・アルテタが就任した。かつてアーセン・ヴェンゲル監督のもとで中心選手としても活躍し、知性派と名高いスペイン人は今のアーセナルの監督にふさわしい人物なのか。生い立ちから改めて振り返る。(文・プレミアパブ編集部)

マンC、垣間見られる問題点とは? 一方試合を支配し続け上位対決を制すも

プレミアリーグ第18節、マンチェスター・シティ対レスターの一戦が現地21日に行われ、3-1でホームチームが勝利を収めた。3位と2位の上位対決は両者にとって言うまでもなく負けられない一戦であった。しかし試合結果と内容ともにシティが力の差を見せつける展開となった。(文:松井悠眞)

新着記事

↑top