ベネズエラ代表

「FWはやっぱり一番はゴール」。W杯での無念を糧に成長誓う大迫。アギーレ体制初出場でチーム初得点を狙う

「FWはやっぱり一番はゴール」。W杯での無念を糧に成長誓う大迫。アギーレ体制初出場でチーム初得点を狙う

ウルグアイ戦で出場機会の無かった大迫勇也だが、アギーレ体制2戦目となるベネズエラ戦では先発出場が濃厚。W杯での無念を晴らすため、1部ケルンに新天地を求めたが、成長ぶりを示せるだろうか。

ベネズエラ戦、“ゲームメーカー”柴崎を起用へ。攻撃にリズムとアクセントをもたらすか

ベネズエラ戦、“ゲームメーカー”柴崎を起用へ。攻撃にリズムとアクセントをもたらすか

アギーレ体制2戦目となるベネズエラ戦で先発の可能性が高い柴崎岳。ウルグアイ戦では不在だったゲームメーカーとしての役割が期待されるが、どのような変化をもたらすのだろうか。

“史上最大”の日本代表は誇り高く狡猾な“弱者のサッカー”を志向するのか?

“史上最大”の日本代表は誇り高く狡猾な“弱者のサッカー”を志向するのか?

9月5日、アギーレ監督率いる新生日本代表がその初陣を迎えた。「4年後」を意識させるメンバー構成の中、日本はウルグアイに0-2で敗れた。この「最初の90分」で見えてきたもの、あるいは見えてこなかったものとは何なのか。博識の党首・大島和人がこの初戦をレポート。強敵ウルグアイを向こうに回したこの一戦における新指揮官の狙いは何だったのだろうか。

「日本の現状を俺らが変えていかないといけない」。W杯の惨敗から成長を遂げた柿谷。勝利を追求する姿勢を示す

「日本の現状を俺らが変えていかないといけない」。W杯の惨敗から成長を遂げた柿谷。勝利を追求する姿勢を示す

ウルグアイ戦では後半31分からの出場に留まった柿谷曜一朗。9日のベネズエラ戦ではウイングとしての先発が濃厚となっているが、勝利へのこだわりを強くしている。

新着記事

↑top