ベルギー

なんと選択肢は“7ヶ国”。無名の存在からついにW杯へ。マンU若手ヤヌザイの激動の一年

なんと選択肢は“7ヶ国”。無名の存在からついにW杯へ。マンU若手ヤヌザイの激動の一年

今季、マンチェスター・ユナイテッドで輝きを放ったヤヌザイ。香川とポジションを争ったことから名前を覚えている人も多いことだろう。実は、彼の出自は非常に特殊で複数の代表を選択することができた。その中で、彼が選んだのはベルギー。無名の若手はたった一年でW杯の切符を掴んだのだった。

日本に敗れ、急降下した“赤い悪魔”の評価。ベルギー代表は本当に強いのか?

日本に敗れ、急降下した“赤い悪魔”の評価。ベルギー代表は本当に強いのか?

タレントが揃い、ブラジルW杯でも好成績が期待されるベルギー。しかしここにきて評価が落ちている。2013年最後の連戦を2つ落とし、特に日本代表が勝利したことで「本当に強いのか?」と懐疑的に思う人がいても不思議ではない。果たして“赤い悪魔”は強いのか、弱いのか。

「一気にチームが変わった」「全体の積極的性が出た」。識者が山口螢を大絶賛

「一気にチームが変わった」「全体の積極的性が出た」。識者が山口螢を大絶賛

11月30日、テレビ東京で放送された「FOOT×BRAIN」は「安堵? 希望? 賞賛? 日本代表欧州遠征総括」と題し、6人のアナリストがオランダ戦、ベルギー戦の欧州遠征を徹底分析する内容となった。

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

オランダ戦をベンチから見守った川島永嗣。ベルギー戦へ懸ける思いは強い。正GKを守るためというのもあるが、チームとして大事な試合であることを守護神は強調する。

【現地ベルギーから最新情報】負けられない日本戦。“赤い悪魔”が警戒心を強めるザックジャパン

【現地ベルギーから最新情報】負けられない日本戦。“赤い悪魔”が警戒心を強めるザックジャパン

本日深夜、日本と対戦するベルギー。オランダと引き分けた日本へ、彼らは警戒心を強めている。現地メディア、識者、ベルギー代表選手たちのコメントから読み解いていく

なぜ「赤い悪魔」と呼ばれるのか? 試合前に知っておきたいベルギー代表とお国事情

なぜ「赤い悪魔」と呼ばれるのか? 試合前に知っておきたいベルギー代表とお国事情

本日深夜、日本代表と対戦するベルギー代表。有名選手がいることから選手名は多くの人が知っているだろうが、お国事情はどうだろうか。例えば代表チームの愛称でもある「赤い悪魔」。その由来は意外と知られていない。

20131118_honda

W杯を見据えて“個の力”を強調する本田。大迫、山口への評価も「中盤も僕にとっても安泰なポジションではない」

オランダ戦を本田はどう振り返ったのか。冷静に分析しつつも改めて「個」が大事であることを強調した。そして大迫や山口への出来へも言及した。彼らへの評価をしつつ代表のポジション争いが激しくなることへは歓迎しているようだ。

20131116_zak

強豪オランダ・ベルギーと戦う意味――。ザックが求め続けた“理想のバランス”とは何か?

ザックジャパンにとって今年最後の試合となるオランダ戦とベルギー戦。ワールドカップに向けて重要な試合であることに間違いはないが、チームとして何が求められるのか。ザッケローニ監督が常に口にしてきた「理想のバランス」がカギとなる。

新着記事

↑top