ペア・メルテザッカー

1202Ljungberg_getty

アーセナルのDNAはある意味健在だった。ユングベリ初陣で目立ったのはGKレノの孤軍奮闘…

プレミアリーグ第14節、ノリッジ対アーセナルが現地1日に行われ、2-2のドローに終わった。ウナイ・エメリが監督を解任され、フレドリック・ユングベリ暫定監督の初陣となった試合でアーセナルは2度のリードを許し、引き分けに持ち込むのがやっとだった。不調を体現するかのような試合展開で、唯一輝きを放ったのは守護神だけだった。(文:加藤健一)

新着記事

↑top