ボスマン判決

フランスのオセールで40年以上にわたって監督を務めたギー・ルー

ボスマン判決という分岐点。40年以上オセールを率いた老将が語る、「選手の商品化」【特集:ボスマン判決、20年後の風景】

現在のフットボール界では、所属クラブとの契約満了まで6ヶ月未満となった選手は他クラブと自由に契約交渉ができ、EU域内であれば、EU加盟国の国籍をもつ選手は外国人枠から除外されるようになっている。この制度をもたらしたのが、ジャン=マルク・ボスマンが起こした裁判だ。今回は、ボスマン判決から20年が経過した今日、改めてこの「事件」と現代サッカーについて考え直すべく『フットボール批評issue10』(カンゼン)に抄訳で転載されたスペイン・パネンカ誌の特集企画を、3度にわたって全文掲載でお届けする。今回は、フランスサッカー界の生き字引的存在とも言えるギー・ルー氏の独白。40年以上にわたってオセールを率いた老将は、ボスマン判決がもたらした一大変化について、何を感じたのだろうか。(文:ハビエル・プリエト・サントス【フランス】/翻訳:江間慎一郎)

ボスマン判決の当事者、ジャン=マルク・ボスマン

ボスマン判決の功罪。移動の自由獲得と自国選手の減少。サッカー界に侵入した過激なほどの自由主義【特集:ボスマン判決、20年後の風景】

現在のフットボール界では、所属クラブとの契約満了まで6ヶ月未満となった選手は他クラブと自由に契約交渉ができ、EU域内であれば、EU加盟国の国籍をもつ選手は外国人枠から除外されるようになっている。この制度をもたらしたのが、ジャン=マルク・ボスマンが起こした裁判だ。今回は、ボスマン判決から20年が経過した今日、改めてこの「事件」と現代サッカーについて考え直すべく『フットボール批評issue10』(カンゼン)に抄訳で転載されたスペイン・パネンカ誌の特集企画を、3度にわたって全文掲載でお届けする。今回は、ボスマン判決がクラブ・選手に与えた影響について考察したコラムを掲載する。(取材・文:マリオ・オルナト【スペイン】、翻訳:江間慎一郎)

「ボスマン判決」で有名になったジャン=マルク・ボスマン

ボスマン判決の当事者が語る、現代サッカーの移籍制度。選手たちの解放と自身の破滅【特集:ボスマン判決、20年後の風景】

現在のフットボール界では、所属クラブとの契約満了まで6ヶ月未満となった選手は他クラブと自由に契約交渉ができ、EU域内であれば、EU加盟国の国籍をもつ選手は外国人枠から除外されるようになっている。この制度をもたらしたのが、ジャン=マルク・ボスマンが起こした裁判だ。今回は、ボスマン判決から20年が経過した今日、改めてこの「事件」と現代サッカーについて考え直すべく『フットボール批評issue10』(カンゼン)に抄訳で転載されたスペイン・パネンカ誌の特集企画を、3度にわたって全文掲載でお届けする。第1回は、ボスマン本人のインタビュー。サッカー界を激変させたベルギーの一サッカー選手は今、現代のサッカーについて何を思うのだろうか。(取材・文:アルベルト・フェルナンデス【ベルギー】、翻訳:江間慎一郎)

20141108_real_getty

フットボールマネーを追え!【11】選手補強にも影響を及ぼす「所得税」。銀河系軍団推進の一助となった“ベッカム法”

莫大な金額に達する選手の『年俸』。しかし、欧州で公開される額に税金は含まれていない。所得税はクラブが負担するためであり、人件費総額の50%以上を占めるリーグも存在する。

青田買いの抑止へ。プレミアリーグが若手選手に年俸上限制度導入か

青田買いの抑止へ。プレミアリーグが若手選手に年俸上限制度導入か

イングランド協会(FA)が、プレミアリーグ所属クラブの21歳以下の選手に年俸上限制度を設けるという欧州サッカー史上最大級の改革案を進めている事が明らかとなった。19日付の英紙ピープルが伝えた。

新着記事

↑top