リーガ・エスパニョーラ

20201012_focus_getty

欧州主要24クラブ、総合評価ランキング。世界最強クラスのS評価、悲しき最低評価はどのチーム?

2020/21シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も様々な動きがあったが、各クラブはどのようなスカッドを揃えているのか。今回は24クラブの総合評価をS~Dの5段階で紹介する。

久保建英

久保建英の起用法は“地獄”。現状はかなり厳しいが…疑問残るエメリ監督の采配

ラ・リーガ第5節、アトレティコ・マドリード対ビジャレアルが3日に行われ0-0のドローに終わっている。日本代表の久保建英は85分から出場。アピールはできず、逆に危険なボールロストからピンチを招くなど、印象はよくなかった。ただ、エメリ監督の起用法にも疑問が残ったのは事実だ。(文:小澤祐作)

20201003_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はアブドゥライェ・ドゥクレ、パトリック・シック、ルイス・スアレス、ルーカス・パケタ、ルベン・ディアスの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

フレンキー・デ・ヨング

バルセロナは驚くほどに強い。クーマン監督の慧眼が導き出した、デ・ヨングの最適な起用法

ラ・リーガ第4節、セルタ対バルセロナが現地時間1日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。バルセロナはこれで開幕2連勝。2試合で7得点0失点という、見事な成績を残している。ロナルド・クーマン監督は、なぜここまでの強さを引き出せたのか。そこにはオランダ代表でも共に戦ったフレンキー・デ・ヨングの存在があるのかもしれない。(文:小澤祐作)

20200926_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(11)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はディエゴ・ゴディン、武藤嘉紀、アレクサンデル・セルロート、ファビオ・シルバ、ガレス・ベイルの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

20200925_real_getty

レアル・マドリード期待の新戦力5人。補強なしと静かな夏、ついに帰還した神童ウーデゴールに注目

3シーズンぶりのラ・リーガ制覇を果たしたレアル・マドリードだが、今夏は動きが少ない。マルティン・ウーデゴールらの復帰はあったが、移籍金を支払って獲得した選手は現時点で0名。既存の主力選手と、未来のある若手のみで新シーズンのスタートを切ることになった。今回は、そんなマドリーでブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

岡崎慎司

岡崎慎司はノーゴールでも信頼ガッチリ。全日本人FWのお手本、極上の駆け引きと献身を見逃すな

現地20日にラ・リーガ1部の第20節が行われ、ウエスカはカディスに0-2で敗れた。ホーム開幕戦となった重要な一戦で、ウエスカの日本代表FW岡崎慎司は2試合連続の先発出場を果たした。シュートシーンはなく、1部初ゴールもまだだが、彼のプレーには日本のすべてのFWが参考にすべき、トップレベルで信頼される理由が詰まっていた。(文:舩木渉)

マルティン・ウーデゴール

いきなり先発。神童ウーデゴール、レアル初陣はどうだったか? ついに始まる“新たな”冒険

ラ・リーガ第1節、レアル・ソシエダ対レアル・マドリードが現地時間20日に行われ、0-0のスコアレスドローに終わっている。この試合では注目を集めたのが、「ノルウェーの神童」ことマルティン・ウーデゴールだ。スタメン抜擢されたこの男のパフォーマンスは、どうだったのか。(文:小澤祐作)

20200919_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(10)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はハメス・ロドリゲス、ペルビス・エストゥピニャン、ガブリエウ・マガリャンイス、サンドロ・トナーリ、ドニー・ファン・デ・ベークの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

久保建英

久保建英、ラ・リーガ開幕スタメン入りは厳しいか。レバンテ戦、左サイドで苦戦した理由は?

ビジャレアル対レバンテのプレシーズンマッチが現地時間5日に行われ、1-2でレバンテが勝利している。日本代表MFの久保建英はフル出場。しかし、結果を残すことはできなかった。開幕スタメンに名を連ねるかどうかは大きな注目ポイントだが、現状は厳しいと言わざるを得ない。(文:小澤祐作)

20200902_messi_getty

メッシの代わりはお前とお前!? 有力5クラブのトレード候補。怪物獲得でバルセロナに捧げる3選手とは?

リオネル・メッシを獲得するには7億ユーロ(約875億円)という契約解除金が必要になるが、この額を支払えるクラブは事実上皆無。バルセロナ側は妥協案としてネイマールがパリ・サンジェルマンに去った際の移籍金2億2200万ユーロ(約227億円)を最低でも確保したいという考えも持っているようだが、それでも他のクラブにとって高額であることに変わりはない。そこで、マンチェスター・シティは現金支払いを減らすべく、3人の選手をトレードに出すことを画策しているという報道も出ている。では、メッシの獲得を狙う各クラブはシティと同じく3選手とのトレードを実行する場合、誰を送り出すべきなのか。バルセロナの補強ポイント(CF、WG、その他)で考えてみる。

新着記事

↑top