リーグ・アン

リーグ・アン

“世界王者”フランス、現地記者が次世代のスター6人を選出。W杯優勝国にひしめく有望株たち

ロシアW杯王者のフランス。その国内リーグであるリーグ・アンの幕開けが近づいている。プレミアリーグなどに比べ人気度が落ちる同リーグだが、将来有望な選手が多数いるのが実に魅力的なリーグでもある。そこで今回は、フランス在住の記者が注目する6人の若手選手をピックアップした。(文:小川由紀子【フランス】)

川島永嗣

川島永嗣、フランスで「リアルSGGK」を体現。35歳の成長止まらず、降格でも充実の1年に

フランス1部のメスに所属する日本代表GK川島永嗣は、クラブが最下位で2部降格となった中でも高いパフォーマンスを発揮し続けた。35歳になっても成長が止まらないサムライ守護神は、フランスリーグ挑戦2年目をどのように過ごしたのだろうか。(文:舩木渉)

酒井宏樹&川島永嗣

川島永嗣が語る残留への決意。酒井宏樹はCLの切符掴むか。佳境を迎えるリーグ・アン

リーグ・アンが終盤戦に突入している。すでに優勝はPSGが手にしているが、注目を集めるのはCL出場権争いと残留争いである。酒井宏樹所属のマルセイユは日程的な面で不利な状況にあるが、CL出場へ向け、選手の気力は十分だ。そして川島永嗣が所属するメスは残留争い真っ只中。28日の第35節では同じく残留を争うリールとの正念場を迎える。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

監督

バルサは伝説作るか。マンCは宿敵の前で? 大詰め迎える欧州5大リーグ、優勝争いの行方 【編集部フォーカス】

欧州5大リーグもいよいよ終盤戦に突入してきた。もちろん、この時期になると優勝争いの行方は誰もが気になるところだ。すでにリーグタイトルを手中に収めているクラブもあるが、最後まで優勝争いの行方がわからない国など、5つのリーグでも状況は様々である。今回フットボールチャンネル編集部では欧州5大リーグの優勝争いに一足早く目を向ける。

新着記事

↑top