レスター

0110Premiertop4

アーセナル大逆転の可能性は? マンUは脱落? 残る椅子は1つだけ、トップ4争いのカギ握るのは…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

年が明け、プレミアリーグは後半戦に突入した。優勝争いは、3連覇を狙っていたマンチェスター・シティがリバプールの独走を許している。さらに下の順位を見ると、アーセナルは10位でトップ4から9ポイントも離されてしまった。各クラブの現状を振り返りながら、後半戦を展望していきたい。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・シティ

マンC、垣間見られる問題点とは? 一方試合を支配し続け上位対決を制すも

プレミアリーグ第18節、マンチェスター・シティ対レスターの一戦が現地21日に行われ、3-1でホームチームが勝利を収めた。3位と2位の上位対決は両者にとって言うまでもなく負けられない一戦であった。しかし試合結果と内容ともにシティが力の差を見せつける展開となった。(文:松井悠眞)

世界最高のストライカーは誰だ!CF能力値ランキング15位〜11位、世界的トップレベルのゴールハンターが次々に登場!Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の名手たちの各能力を独断で数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する。

エメリ

アーセナルは最悪記録更新…問題点はどこにあるのか。好調レスターに為す術なし

プレミアリーグ第12節、レスター対アーセナルの一戦が現地時間9日に行われ、結果はホームチームが2-0と勝利した。ウナイ・エメリ監督の解任が現実を帯びていく中でこの試合は是が非でも勝ちたかったアーセナル。守備意識を高く持って挑むも、その姿勢からは勝ちたいという気持ちは見られなかった。(文:松井悠眞)

フンメルス5人

世界のトッププレイヤー能力値ランキング。昨季、突如現れた新鋭とは一体誰だ! Fチャン編集部が選定(81位〜85位)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかしそれらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

世界のトッププレイヤー能力値ランキング。世界的名手がここにいる理由とは?Fチャン編集部が選定(66位〜70位)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

ハリー・マグワイア

DF史上最高額の男・マグワイアとは何者か? マンUの鍵を握る存在、運命を変えた名将からの電話

2019年8月、DFとしては移籍市場最高額の8000万ポンドでハリー・マグワイアを、マンチェスター・ユナイテッドが獲得。同クラブにとっては念願の大物CB加入という形になったが、レスターからやってきたイングランド人DFはどんな選手なのか。今回はそんなマグワイアの生い立ちからプレースタイルまで紹介していきたい。(文:内藤秀明)

190508_1_getty

マンCを苦しめたレスターの守備戦術がすごい! ピッチで何が起こっていたのか。その戦略とは?

プレミアリーグ第37節マンチェスター・シティ対レスターの一戦は1-0でホームチームが勝利を収めた。最終的にヴァンサン・コンパニによるミドルシュートで勝ち点3をもぎとったシティだったが、レスターの守備戦術に苦しむ時間が長かった。ピッチでは何が起こっていたのか。(文:内藤秀明)

選手ランキング

世界最高の輝きを放ったCBは長谷部誠! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・CB編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はセンターバック(CB)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

プレイヤーランキング

世界最高の輝きを放ったミッドフィルダーは誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・MF編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はミッドフィルダー(MF)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

新着記事

↑top