ロドリゲス

ジュビロ磐田

ジュビロ磐田に明るい未来はあるのか。疑問だらけの現状、ボタンの掛け違いはどこで生じた?【週間Jリーグ通信】

明治安田生命J1リーグ第26節、川崎フロンターレ対ジュビロ磐田が14日に行われ、ジュビロ磐田は0-2で完敗した。フェルナンド・フベロ監督になって3戦目の試合となったが、3戦全敗で得点は0。チームは7戦勝ちなし(1分け6敗)で最下位に沈み、自動降格圏外の16位・サガン鳥栖とは残り8節で勝ち点差9をつけられている。悪夢のJ2降格が現実のものとなりつつある名門に、明るい未来はあるか?(取材・文:下河原基弘)

20190713_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? 多摩川クラシコから目が離せない! J2では激闘必至の首位攻防戦も【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第19節、J2第22節、J3第16節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

190507_jubilo1_getty

ジュビロ、幸運だけではない勝利の伏線とは? 『攻守一体』にメド、かみ合い始めた歯車

明治安田生命J1リーグ第10節が3日に行われ、3連敗と苦しんでいたジュビロ磐田が敵地で、3連勝と波に乗っていた浦和レッズに1-0で勝利した。MF中村俊輔、FW大久保嘉人、FW川又堅碁の“ビッグ3”がスタメンを外れる中、敵8本の約2倍、15本のシュートを放つなど押し気味に試合を進めた磐田。後半アディショナルタイムに相手のミスから決勝点を奪ったが、幸運だけではなかったゴールにあったもの、そして見出した光明とは?(取材・文:下河原基弘)

190225_iwata1_getty

名波ジュビロ、「レベル1」の現在地。自由と規律のバランス、得点力アップへ考えるべきこと

明治安田生命第1節が23日に行われ、ジュビロ磐田はホームで松本山雅FCと対戦し、1-1と引き分けた。J2からの昇格組である相手に先制点を奪われたものの、川又堅碁の一発で追いついたサックスブルー。新たな形を模索する磐田の現在地とは?(取材・文:青木務)

190213_icatch_getty

J1新加入期待の外国人選手5人(1)。W杯優勝ストライカーなどビッグネームが来日【編集部フォーカス】

今季のJリーグが間もなく開幕する。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。その中にはワールドカップ優勝メンバーを筆頭に大物が顔を揃えた。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top