ロベルト・ディ・マッテオ

ラツィオを1試合も指揮することのなかったマルセロ・ビエルサ氏(写真はマルセイユ時代のもの)

16/17シーズン、早くも辞任した5人の名将。「契約2日後」に退任した監督も【編集部フォーカス】

素晴らしい実績を残してきた監督であっても、いつかは別れがやってくる。だが、あまりに唐突に離別の時が訪れることもある。芳しい結果を残せずにクラブから解任を言い渡される監督もいれば、方針の違いなどから自ら辞任を申し出る指揮官もいる。今回は、16/17シーズンに入り、早くも監督の座を退いた5人の名将を紹介する。

ラファエル・ベニテス

プレミア昇格を目指す7人の監督たち。輝かしい現役キャリア、CL優勝監督も【編集部フォーカス】

今週末からチャンピオンシップ(イングランド2部)が開幕する。今シーズンのチャンピオンシップはニューカッスル、アストン・ヴィラといった古豪が参加する。さらに、チャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた監督、現役時代に輝かしいキャリアを送った監督、日本人選手とも関係が深い監督などが集まっている。その中から7人を紹介する。

201604096_chelsea_getty

チェルシーに受け継がれるカルチョの系譜。“ブルーズ”を率いる5人のイタリア人監督たち【編集部フォーカス】

4月4日、2016-17シーズンよりアントニオ・コンテがチェルシーの指揮をとると発表された。過去にも名だたるイタリア人指揮官が同クラブを率いているが、今回は“ブルーズ”の監督となった“カルチョの国”の指導者5人を紹介する。

熾烈を極めるEL争い。ドルトムントは出場権をつかめるか。香川に待ち受ける「本当の決戦」

熾烈を極めるEL争い。ドルトムントは出場権をつかめるか。香川に待ち受ける「本当の決戦」

ブンデスリーガの14-15シーズンは、バイエルンが3連覇を達成した。しかし、まだ戦いは終わりを告げたわけではない。残り2戦、熾烈を極めるのが5チームによるEL出場権争いだ。香川真司の所属するドルトムントも例外ではなく、ここからが「本当の決戦」となる。

内田に与えられた10日間の休止。シャルケが失った右サイドの機微、そして勝利。明確となった補強ポイント

内田に与えられた10日間の休止。シャルケが失った右サイドの機微、そして勝利。明確となった補強ポイント

内田篤人の欠場以降、勝利がないシャルケ。もちろん、内田の不在が理由の全てではない。それでも代役を務めるヘーヴェデスが攻守に見劣りすることも事実。過密日程をクリアするためにもバックアップの補強は不可欠だ。

奇跡を夢見たシャルケ、王者の余裕を見せたレアル。1点の間にある埋めがたい差

奇跡を夢見たシャルケ、王者の余裕を見せたレアル。1点の間にある埋めがたい差

シャルケはチャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリーと対戦した。ホームでの1stレグを2-0で落としていたシャルケは、アウェイでマドリー相手に2ゴールを奪う必要があった。撃ち合いの末、4-3で勝利したものの、合計スコア4-5で敗退が決定。奇跡のラウンド突破まであと1歩だった。

新着記事

↑top