ヴァイッド・ハリルホジッチ

17australia01

「豪州戦」。万雷の拍手で迎えられたハリル。欧州の背中が見えるも消し去られた一戦【日本代表平成の激闘史(1)】

時代は平成から令和へ。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい平成に起きた名勝負を、各ライターに振り返ってもらう本企画。今回は平成29(2017)年8月31日に行われたロシアワールドカップアジア最終予選、オーストラリア代表対日本代表の一戦を回顧する。(文:植田路生)

190216_kagawa_getty

香川真司、周囲に信頼されてこそ生きる能力。トルコで手に入れた自分を表現できる環境

トルコ・スュペルリグ第22節が現地時間15日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュは敵地でマラティヤスポルと対戦し、2-1と勝利した。香川は62分から途中出場し、得点にも絡んだ。少しずつ出場時間を延ばしながらチームに貢献している。(文:青木務)

エミリアーノ・サラ

未だ消息不明のサラ、恩師・ハリルに伝えた感謝の意。誰からも好かれ、愛された男の実像

ナントからカーディフ・シティに移籍することが決まっていたアルゼンチン人FWのエミリアーノ・サラが行方不明となってから約1週間が経った。捜索は一旦打ち切られており、未だ事件の真相は明らかになっていない。サッカーには真面目で誰からも好かれる性格だったというサラ。そんな彼の実像とは。(文:小川由紀子【フランス】)

ヴァイッド・ハリルホジッチ

これが真のハリル流。日本代表と真逆の物語を描くナント。デュエルで守備を固め、得点は倍増

ロシアワールドカップ直前に日本代表を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ監督がナントで躍動している。就任した第8節以降、得点は倍増。ピッチサイドでは生き生きとし、会見ではジョークを飛ばす。そんな姿を現地在住記者がレポートする。(取材・文:小川由紀子)

新着記事

FChan TV

↑top