ヴァイッド・ハリルホジッチ

0504daihyo_getty

日本代表、歴代背番号11の系譜。小野伸二、鈴木隆行、巻誠一郎、玉田圭司、柿谷曜一朗、宇佐美貴史、W杯で唯一ゴールを決めたのは…

日本代表は初出場となった1998年のフランスワールドカップから数えて6大会連続でワールドカップ本大会に出場している。背番号11を背負った選手たちは、大舞台でどのような活躍を見せたのか。今回はワールドカップで11番を背負った日本代表選手を大会ごとに紹介する。※所属チームは大会前時点、年齢は初戦時点のもの。(2020年5月掲載の記事を再編集したものです)

0503daihyo_getty

日本代表、歴代背番号7の系譜。伊東輝悦、中田英寿、遠藤保仁、柴崎岳、多士済々のゲームメイカーが放った存在感

日本代表は初出場となった1998年のフランスワールドカップから数えて6大会連続でワールドカップ本大会に出場している。背番号7を背負った選手たちは、大舞台でどのような活躍を見せたのか。今回はワールドカップで7番を背負った日本代表選手を大会ごとに紹介する。※所属チームは大会前時点、年齢は初戦時点のもの。(2020年5月掲載の記事を再編集したものです)

0502daihyo_getty

日本代表、歴代背番号9の系譜。中山雅史、西澤明訓、高原直泰、岡崎慎司、W杯で最もゴールを決めたストライカーは…

日本代表は初出場となった1998年のフランスワールドカップから数えて6大会連続でワールドカップ本大会に出場している。背番号9を背負った選手たちは、大舞台でどのような活躍を見せたのか。今回はワールドカップで9番を背負った日本代表選手を大会ごとに紹介する。※所属チームは大会前時点、年齢は初戦時点のもの。(2020年5月掲載の記事を再編集したものです)

0501daihyo_getty

日本代表、背番号10の系譜。名波浩、中山雅史、中村俊輔、香川真司、W杯の舞台で活躍したのは……

日本代表は初出場となった1998年のフランスワールドカップから数えて6大会連続でワールドカップ本大会に出場している。背番号10を背負った選手たちは、大舞台でどのような活躍を見せたのか。今回はワールドカップで10番を背負った日本代表選手を大会ごとに紹介する。※所属チームは大会前時点、年齢は初戦時点のもの。(2020年5月掲載の記事を再編集したものです)

20161022_eyecatch_tanaka

Mr.レッズ福田正博が選ぶ、”福田ジャパン”の11人。元日本代表FWは誰を選ぶ!?【再掲】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。日本代表でも活躍をし、解説者としてもお馴染みの福田正博さんが、自ら"福田ジャパン"を選出! ヴァイッド・ハリホジッチ監督には「勇気をもって」招集し、起用してほしい選手もいるという。果たしてどのような11人が選ばれるのか!(2016年10月22日に掲載されたものを再掲。所属クラブ等は当時のもの)

20200414_uchida_getty

内田篤人、日本代表歴代ポジション。ザックジャパンでは躍動も…右ひざの怪我とともに失われた輝き

高卒1年目で名門・鹿島アントラーズの主力に定着し、19歳で日本代表デビュー。内田篤人は飛ぶ鳥を落とす勢いで日本最高の右サイドバックとしての評価を確立した。ワールドカップにも2大会連続でメンバー入りを果たしたが、全てがうまく回っていたわけではなかった。ひざの怪我に祟られ、トップフォームを取り戻せないまま日本代表でのキャリアは急速に終焉へと向かっていくことになる。今回は日本サッカー界に新たなサイドバック像を確立した名手・内田篤人のサムライブルーでのキャリアをターニングポイントや共闘したメンバーとともに振り返っていく。

0407Hondadaihyo_getty

本田圭佑、日本代表歴代ポジション。オシム、ザッケローニ、ハリル…歴代指揮官に選ばれ続けた男のキャリア

本田圭佑は、イビチャ・オシム監督によって2006年に初招集されて以来、長く日本代表で活躍してきた。国際Aマッチ98試合出場、37得点という数字を残し、日本代表で唯一、ワールドカップ3大会連続ゴールという記録も打ち立てた。今回は、日本代表での本田の活躍を、歴代指揮官ごとに当時のフォーメーションとともに振り返っていきたい。

加藤恒平

加藤恒平の幸せなサッカー人生。30歳でも情熱尽きず「一番好きなことだからこそ、逃げ出せない」【インタビュー第3回】

2018シーズンにサガン鳥栖でプレーした元日本代表MF加藤恒平は今、スペインでプレーするという夢を叶えるために欧州で挑戦を続けている。今季前半戦に在籍していたのは、なんとジブラルタルリーグのクラブだった。Jリーグで過ごした日々で何を掴み、日本を去ってからの1年間はどんな思いでサッカーを続けてきたのか。現地で直撃したインタビューを3回に分けてお届けする。第3回では「加藤恒平という人間とサッカー観」について話を聞いた。(取材・文:舩木渉)

加藤恒平

フェルナンド・トーレスとの出会いが人生を変えた。加藤恒平が元日本代表として挑んだJリーグでの1年【インタビュー第2回】

2018シーズンにサガン鳥栖でプレーした元日本代表MF加藤恒平は今、スペインでプレーするという夢を叶えるために欧州で挑戦を続けている。今季前半戦に在籍していたのは、なんとジブラルタルリーグのクラブだった。Jリーグで過ごした日々で何を掴み、日本を去ってからの1年間はどんな思いでサッカーを続けてきたのか。現地で直撃したインタビューを3回に分けてお届けする。第2回では「日本代表とJリーグでの学びや出会い」について話を聞いた。(取材・文:舩木渉)

加藤恒平

“ハリルの秘密兵器”と呼ばれた男、サガン鳥栖退団からジブラルタルへの旅路。全ては「スペイン移籍」のために【インタビュー第1回】

2018シーズンにサガン鳥栖でプレーした元日本代表MF加藤恒平は今、スペインでプレーするという夢を叶えるために欧州で挑戦を続けている。今季前半戦に在籍していたのは、なんとジブラルタルリーグのクラブだった。Jリーグで過ごした日々で何を掴み、日本を去ってからの1年間はどんな思いでサッカーを続けてきたのか。現地で直撃したインタビューを3回に分けてお届けする。第1回では「新たな一歩を踏み出した2019年」について話を聞いた。(取材・文:舩木渉)

1117_asano_ideguchi_getty

日本代表、W杯落選の地獄から這い上がれ! 完全復活ののろしを上げる男たち

日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦する。14日の2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス戦からは9選手が変更。南野拓実、吉田麻也ら主力選手が欧州へと戻った中で、前回大会で日本代表をワールドカップへと導いた浅野拓磨と井手口陽介に注目したい。(取材・文:元川悦子)

新着記事

↑top