ヴァイッド・ハリルホジッチ

日本代表

ガーナ戦、新布陣ズタズタ。3バックは不可能か…ボランチは長谷部でなければ無理【どこよりも早い採点】

5月30日、日本対ガーナの一戦が行われ0-2で敗れた。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

西野朗

情報はオープン、練習場にファン殺到。選手と意見交換も活発に。西野流マネジメントは吉か凶か

情報は非公開でファンとの距離も遠くなり、「選手とのコミュニケーションや信頼関係」という理由で解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ監督。後を継いだ西野朗監督は、情報をオープンにしてファンとの距離を近づけた。さらに日本人コーチ陣とのコミュニケーションは円滑で選手も好影響を口にしているが…。(取材・文:藤江直人)

香川真司 岡崎慎司

落選危機の香川真司と岡崎慎司。W杯へ生き残るためには? ガーナ戦で存在価値を示せるか

日本代表は30日に、ガーナ戦との国際親善試合に臨む。ロシアワールドカップに出場する23人の代表メンバー発表前最後の試合。生き残りをかけて猛アピールが必要なベテランたちがいる。西野朗監督率いるチームで当落線上に立たされた香川真司と岡崎慎司は今、何を思うのか。(取材・文:元川悦子)

180529_kagawa_getty

西野J、W杯メンバー23選手選考の現状。落選は中盤から前線の選手? 練習で見えた序列とは

日本代表は30日にガーナ代表と対戦する。この一戦は選手たちにとって最初で最後の実戦でのアピールの場となる。当落線上の面々にとっては結果が求められ、中核を担うであろう男たちにも安定したプレーが期待される。ロシアワールドカップに臨む23人はどのような顔ぶれになるのだろうか。(取材・文:青木務)

西野朗

日本代表の新戦術、3バックの取扱説明書。西野監督が仕込む「オプション」の真意

日本代表の西野朗監督は、ロシアワールドカップに向けて新たなオプションを準備している。現在は[3-4-2-1]システムの熟成を進めているところだ。30日のガーナ戦でテストすると見られる3バックにおいて注目すべきポイントを解説する。(取材・文:河治良幸)

180528_honda_getty

本田圭佑と【3-4-2-1】。“トップフォーム”なら、新布陣は『本田システム』になる可能性も

西野朗監督率いる日本代表が、本格的な戦術練習に着手している。3バックの布陣にトライする中、本田圭佑はシャドーの一角でプレー。ポジションは確約されていないが、指揮官の期待するトップフォームを取り戻せれば、新布陣は『本田システム』にもなるかもしれない。(取材・文:青木務)

新着記事

↑top