ヴィニシウス・ジュニオール

0625Kubo_getty

久保建英にファウル連発、レアルが認めた証とは? 一方で…突きつけられた現実と復帰への険しい道

リーガエスパニョーラ第31節、レアル・マドリード対マジョルカが現地時間24日に行われ、レアルが2-0で勝利を収めた。フル出場したマジョルカの久保建英が存在感を放っていることはプレーやスタッツからも明らか。しかし、自身を保有するレアルとの直接対決で、復帰への道のりが険しいことも露わになっている。(文:加藤健一)

20200623_focus_getty

世界最高の10代選手は誰だ! 若手サッカー選手能力値ランキング1位~5位。久保建英と同世代で最強の逸材は?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は6月19日時点

カリム・ベンゼマ

レアル・マドリードがリーガ制覇に有利な理由? 躍動の19歳…それよりも燃える判定問題

現地21日にラ・リーガ第30節が行われ、レアル・マドリードがレアル・ソシエダに2-1で勝利を収めた。今季リーグ最少失点と安定感抜群の白い巨人は、バルセロナから首位の座を奪還。一方のソシエダにも再浮上の気配が見え始めた。そして、この試合では微妙な判定が連発され、「これぞラ・リーガ」という議論が生まれている。(文:舩木渉)

0302Vinicius_getty

レアル・マドリード、バルセロナ制圧に意外な男達。クラシコという筋書きのないドラマの顛末

リーガエスパニョーラ第26節、レアル・マドリード対バルセロナが現地時間1日に行われ、2-0でレアルが勝利を収めた。サンティアゴ・ベルナベウで行われた伝統の一戦は、バルセロナが勝ち点差で2ポイント上回る中で迎えた。エル・クラシコで躍動したのは、カリム・ベンゼマやリオネル・メッシといった主力ではなく意外な伏兵たちだった。(文:加藤健一)

新着記事

↑top