中国

20140630_twitter_aoi

中国で驚異的な人気を誇る蒼井そらさんがJリーグ観戦宣言! サポーターが一気に反応

残念ながら、グループリーグ敗退となった日本代表。しかし、7月のJリーグ再開に向けて、ある人物を巡りJリーグのサポーターの中で密かな争奪戦が始まりつつあると話題だ。それは、セクシータレントで知られる蒼井そらさんである。

中国でまた惨事。今度は2人の大学生がW杯の賭けに負け飛び降り自殺

中国でまた惨事。今度は2人の大学生がW杯の賭けに負け飛び降り自殺

12日に開幕したブラジル・ワールドカップ(W杯)は中国でも多くの視聴者を集めているが、半日の時差による寝不足や賭博による死者が続出している事が問題となっている。24日の英メディアが報じた。

ここまでするのか! 中国人がW杯期間中に休職するため偽造診断書を購入

ここまでするのか! 中国人がW杯期間中に休職するため偽造診断書を購入

中国の熱狂的サッカーファンが、ブラジル・ワールドカップ(W杯)期間中に休職するため、インターネット販売サイトで偽造診断書を購入し、職場に提出していたことが明らかとなった。9日の英メディアが報じた。

リッピ監督のクレーム、「準優勝」表示への非難。ACL決勝、中韓での軋轢は本当にあったのか?

中国の広州恒大と韓国のFCソウルとで行われたACL決勝は、広州が接戦を制し優勝した。だが、試合前にはリッピ監督の発言が話題となり、また試合後にも軋轢があったのではないか、との報道があった。果たしてその真相は?

中国サッカーに未来はあるか?(その3)

中国サッカーに未来はあるか?(その3)

中国サッカーの未来は明るいのか? 2012年5月、広州恒大の監督にマルチェロ・リッピが就任するなど、足早に変化する中国超級(スーパーリーグ)。クラブの経営事情に迫るとともに、育成環境の現状をレポートする。

中国サッカーに未来はあるか?(その2)

中国サッカーに未来はあるか?(その2)

近年、アネルカ(上海申花)や岡田武史監督(杭州緑城)が参戦するなど、世界中から選手・監督を集める中国スーパーリーグ(超級)。過去には八百長問題なども取りざたされたが、果たして中国サッカーの未来は明るいのか。いま何が起きようとしているのか。

中国サッカーに未来はあるか?(その1)

中国サッカーに未来はあるか?(その1)

近年、アネルカ(上海申花)や岡田武史監督(杭州緑城)が参戦するなど、世界中から選手・監督を集める中国スーパーリーグ(超級)。過去には八百長問題なども取りざたされたが、果たして中国サッカーの未来は明るいのか。いま何が起きようとしているのか。

岡田武史の挑戦 日本人監督の可能性とは?

岡田武史の挑戦 日本人監督の可能性とは?【サッカー批評 issue58】

日本人監督という括りの中で、実績からみて、岡田武史を超える監督はいない。Jリーグ2連覇、W杯ベスト16と輝かしい結果を残している。日本人監督の可能性を考えるうえでのヒントとして、岡田武史の特性を読み解いていく。

新着記事

↑top