中村憲剛

大久保もシュート0本。“J最強の攻撃”が沈黙した川崎。多摩川クラシコで再び輝くためには

大久保もシュート0本。“J最強の攻撃”が沈黙した川崎。多摩川クラシコで再び輝くためには

5連勝を目指した川崎フロンターレだったが、結果は1-4と敗戦。柏レイソルを前に自分たちのスタイルを発揮できず、逆に次々とネットを揺らされた。

これが産みの苦しみ、今季も優勝に届かず。それでも川崎Fが攻撃サッカーを貫くべき理由

川崎フロンターレ、2015補強診断。前線は破壊力抜群。攻守のバランスを見出せるか

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は風間体制4年目で初タイトルを目指す川崎フロンターレを取り上げる。

中村憲剛インタビュー「リーガは勉強になるし、ゴールシーンから良いイメージを貰える」

中村憲剛インタビュー「リーガは勉強になるし、ゴールシーンから良いイメージを貰える」

“Jリーグきってのリーガ通”でもあるMF中村憲剛選手(川崎フロンターレ)。かつて、バルセロナの中盤でゲームを操っていたジョゼップ・グアルディオラ(現バイエルン監督)の姿に憧れて以来、その魅力を知った彼は、プロになった今もリーガを追いかけ続けている。そんな中村選手に今シーズンのバルセロナだけでなく、ライバルのレアル・マドリー、アトレティコ・マドリーの仕上がり具合や注目選手、そしてシーズン後半の展望を聞いた。

20141220_taguchi_getty

2014シーズン、J1ベスト30を発表。30位~21位

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。今回は30位から21位を発表する。

20141123_shoji_getty

鹿島、奇跡の逆転Vなるか。強気のラインコントロールを見せた守備陣。司令塔不在の川崎Fを無力化

現在3位につける鹿島アントラーズが、ホームで川崎フロンターレと対戦した。前回の対戦では完敗を喫したが、今節の川崎Fは中村憲剛が不在。司令塔を欠く相手に対し、鹿島はチーム全体が連動することで自由を奪う。そして、ディフェンス陣のパフォーマンスも光った。

これが産みの苦しみ、今季も優勝に届かず。それでも川崎Fが攻撃サッカーを貫くべき理由

これが産みの苦しみ、今季も優勝に届かず。それでも川崎Fが攻撃サッカーを貫くべき理由

常に主導権を握り、好調時は思いのままに相手を叩きのめしてきた川崎フロンターレ。しかし、優勝のために負けてはならない試合を取りこぼすなど、その強さはまだ盤石とは言えない。相手にも研究されているが、それでも、川崎Fが王者になる上で必要なのは今のサッカーを続けることだ。

新着記事

↑top