中田英寿

名波浩が回想する98年W杯。初出場への重圧と歓喜の狭間。「下手くそで弱かったけど色は好きでした」

名波浩が回想する98年W杯。初出場への重圧と歓喜の狭間。「下手くそで弱かったけど色は好きでした」

“ドーハの悲劇”を受けて戦った日本代表はすさまじい重圧の中、初のW杯出場を勝ち取る。しかし、初めて世界の舞台に立った1998年W杯は3戦全敗と、世界との差を痛感するものだった。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

一時はセリエAを席巻したが――。かつては中田英寿が活躍、知られざるペルージャの今

一時はセリエAを席巻したが――。かつては中田英寿が活躍、知られざるペルージャの今

かつて中田英寿がプレーしたことで知られるペルージャがセリエAから降格してから10年になる。2度の破産を経験し、現在は3部リーグに所属するペルージャの今を取材した。

20140119_nakata

なぜ日本人選手は海外へ出ていくのか――日本の若者がリスクをとらない理由

日本の若者は「内向き」だと言われるが、サッカー選手は海外に出ていく。その理由を『(日本人)にっぽんじん』の著者・橘玲氏が論じる。

20140103_sayama

【サッカー狂・佐山一郎の嘆き】サッカーメディアの質が、平均点止まりになる理由

アジア予選を世界最速で突破し、ワールドカップに出場することが当たり前になった昨今。ピッチ内は年々レベルアップしているが、それを伝えるメディアの力は同様の伸びを見せていない。むしろ「つまらない」と評価を下げている。かつてと比べ、情報収集が容易になった現代において、なぜサッカーメディアは堕落してしまったのか。ワールドカップが夢のまた夢だった暗黒期からサッカー、そしてメディアを見続けた作家にしてサッカー狂の佐山一郎が、下がり続ける質の低下を嘆く。

新着記事

↑top