井手口陽介

ハリルホジッチ監督

【メンバー発表直前】ハリルに提言したい日本代表23選手をFチャン編集部が厳選!

日本サッカー協会(JFA)は4日に親善試合のオマーン戦およびワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦に向けた日本代表メンバーを発表する。この発表に先駆けて、フットボールチャンネル編集部が推薦する23選手を厳選した。

ヴァイッド・ハリルホジッチ

【識者の眼】ハリルJで今こそ“テストすべき11人”。ベテランから若手まで、J組が持つ“面白さ”

11月、2試合に挑む日本代表。年内最後の試合となるが、今回は1試合目が親善試合となるため、テストの格好の場と言える。新戦力にとっては大きなチャンスとなるが、果たしてどんな選手が相応しいのか。代表を追う記者が選別すると、意外にもその数は多かった。特にJリーグ所属選手は多種多様な人材が揃う。(取材・文:河治良幸)

ヴァイッド・ハリルホジッチ

ハリルJに推薦したい5人。期待の新戦力候補たち。2016年11月シリーズ編【編集部フォーカス】

2018ロシアW杯アジア最終予選を戦っている日本代表。現在3位につける日本は、11日に親善試合のオマーン戦を戦い、15日に首位に立っているサウジアラビアとの一戦を迎える。この2試合に向けた日本代表メンバーは11月4日に発表されるが、新戦力の台頭はあるだろうか。今回は、10月の代表戦で招集されていない選手のなかから、日本代表に推薦したい5選手をピックアップする。

日本代表

日本、初勝利も決勝T進出ならず。コロンビアが首位下し2位通過【リオ五輪サッカー】

U-23日本代表は11日、リオデジャネイロオリンピック1次リーグでスウェーデン代表と対戦した。

矢島慎也

手倉森ジャパン、終戦。スウェーデンに勝利も3位でGS敗退【どこよりも早い採点/リオ五輪サッカー】

8月11日、日本対スウェーデンの一戦が行われ1-0で勝利。U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ボールを動かして攻撃のリズムを作った大島僚太(右)

日本、勝点3逃すも内容は改善。前回大会よりも高い完成度。4-4-2の理想的なバランス【西部の目/リオ五輪サッカー】

現地時間7日、リオ五輪グループステージ第2節のU-23コロンビア戦に臨んだU-23日本代表。4得点を奪うも5失点を喫し黒星スタートとなった初戦から、システムを変更し、内容は大幅な改善が見られた。勝てる試合で引き分けに終わってしまったことは残念だが、他力本願とはいえまだ決勝トーナメント進出の可能性は残っている。(文:西部謙司)

U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか

日本、守備のミスで2失点。攻撃陣奮闘で同点も勝ち点3逃す【どこよりも早い採点/リオ五輪サッカー】

8月8日、日本対コロンビアの一戦が行われ2-2と同点で終わった。U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

日本、コロンビアに引き分け突破の可能性残す。48年ぶりのメダル獲得に望み【リオ五輪サッカー】

U-23日本代表は8日、リオデジャネイロオリンピック1次リーグでコロンビア代表と対戦した。

手倉森監督

手倉森Jのシナリオ崩したミスの連発。追いかける展開で必要だった「ボールを奪う守備」【西部の目/リオ五輪サッカー】

現地時間4日、リオ五輪の初戦を迎えたU-23日本代表。手倉森監督率いるチームは、堅守を持ち味にしていたにもかかわらず、ナイジェリアを相手に5失点を喫した。4得点は明るい材料だが、事前に描いたシナリオとはまったく異なる展開になってしまったように思える。(文:西部謙司)

日本代表

日本、守備崩壊でトラブル続きのナイジェリアに敗戦。リオ五輪初戦で”ハット”許す

U-23日本代表は5日、リオデジャネイロオリンピック1次リーグでナイジェリア代表と対戦した。

日本代表U-23

手倉森J、リオ五輪初戦は5失点惨敗。OAと融合できず守備崩壊【どこよりも早い採点】

8月5日、日本対ナイジェリアの一戦が行われ4-5で敗退。U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

井手口陽介

リオ五輪日本代表最年少メンバー井手口陽介が語る自らのルーツとは

弱冠19歳にしてU-23日本代表としてリオデジャネイロ五輪メンバーに選出されたガンバ大阪・井手口陽介の少年時代のエピソードを井手口本人に語ってもらった。(文:元川悦子 ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.41より一部転載)

新着記事

↑top