保護者

ゴールを決められる選手と決められない選手の違いはどこにある?

ゴールを決められる選手と決められない選手の違いはどこにある?

『得点力アップのためのヒント』と題した論文を発表した、東京経済大学サッカー部の監督を務める富岡義志雄教授の見解から決定力不足を解消するにはどうすれば良いのか、そのヒントを探ります。(『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.38』より一部転載)

サッカーの質を高める新・育成術。すべてのカギは重心移動にあり

サッカーの質を高める新・育成術。すべてのカギは重心移動にあり

メッシやネイマールのようにしなやかにプレーすることは、多くのフットボールプレイヤーが憧れを持っていることでしょう。では、そういったプレーするには何が重要なのでしょうか? 今回は“フットボールスタイリスト”として活動している鬼木祐輔さんの言葉からそのヒントを探ります。(『ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.37』より一部転載)

“勝負弱い日本”変えることができるか? 育成年代で始まった新たな改革

“勝負弱い日本”変えることができるか? 育成年代で始まった新たな改革

今夏、新たな試みとなった『JFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12』は、どんな成果があったのか。その改革に目を向けてみる。

受験化するサッカー。伝統ある町クラブから見る小・中学生の理想像とは

受験化するサッカー。伝統ある町クラブから見る小・中学生の理想像とは

一貫教育で子どもを育てる街クラブ・学校がジュニア世代に求めているものは何なのか? ジュニアからシニアまでチームを持ち45年の歴史を誇る枚方フットボールクラブの代表であり、関西クラブユース連盟の会長も務める宮川淑人氏に「4種の理想像」を聞いた。(『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.35より一部抜粋』)

なでしこブームを一過性で終わらせないために何が必要か?

なでしこブームを一過性で終わらせないために何が必要か?

2011年のワールカップ以降、女子サッカー人口は確実に増え、プレーできる環境も変化が見られる。しかし、中学校、高校に目を向けるとまだ充実しているとは言えない。そんな中、2012年に発足した「ノジマステラ神奈川相模原」はどんなビジョンを描いてクラブの歩みを進めているのか。菅野将晃GM兼監督に女子サッカーの現状を聞いた。(『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.37より転載』)

東京のエースから日本のエースへ。若きアタッカー武藤嘉紀の原点

東京のエースから日本のエースへ。若きアタッカー武藤嘉紀の原点

昨年、大学生Jリーガーとして注目され、瞬く間に日本のトッププレーヤーとしてのぼりつめた武藤嘉紀選手。少年時代に武藤選手の指導にたずさわったコーチから話を聞くと、武藤選手は少年時代から洗練された選手だったという。(『ジュニアサッカーを応援しよう! Vol.37夏号より一部転載』)

ドルトムントの子供たちも憧れる「シンジ・カガワ」の素顔

ドルトムントの子供たちも憧れる「シンジ・カガワ」の素顔

ボルシア・ドルトムントU-12が3月末から来日。ドルトムントの若きプレーヤーたちにとっても、話を聞くと、トップチームに所属する香川真司が憧れの存在という。そんな彼らに、香川がピッチ内外で見せる印象を聞いた。

日本サッカーの短所である守備戦術。小学生年代からどう指導する?

日本サッカーの短所である守備戦術。小学生年代からどう指導する?

「日本が世界と戦うには…」。そう呪文のように唱えながら、昨今多くの指導者が様々なチャレンジを繰り返してきました。そして、「攻守に連動すること」とある一つの方向性にたどり着き、トレーニングを重ねてきました。しかし、解説者をはじめ、国内外の識者からは「日本はチームとしての守備戦術が未熟だ」とよく言われています。そこで、ヨーロッパでの指導経験を持つ村松尚登氏と中野吉之伴氏に「ジュニア世代から守備戦術を身につけさせるには?」というテーマで話をしてもらいました。

“判断力”はこう磨け! 日本サッカーが学ぶべきドイツ式最先端トレーニング

“判断力”はこう磨け! 日本サッカーが学ぶべきドイツ式最先端トレーニング

ブラジルワールドカップでのドイツ代表の優勝、グアルディオラ監督が率いるバイエルン・ミュンヘンの存在感。近年、世界のサッカーシーンでトップクラスの実力を見せるドイツのサッカー。そのドイツのサッカーを支える要因のひとつとして挙げられるのが『判断力向上』だ。その判断力の向上について、ドイツではどんなトレーニングが行われているのか。(『ジュニアサッカーを応援しよう! vol.33』より転載)構成:木之下潤

将来プロ選手を目指す子どもたちのために。未来のJリーガーはどのようにして生まれる?

将来プロ選手を目指す子どもたちのために。未来のJリーガーはどのようにして生まれる?

今年も待ちに待った「明治安田生命Jリーグ」がいよいよ開幕します。2月19日に、リーグ開幕にさきがけて行われた、「2015Jリーグプレスカンファレンス」に出席をした選手や監督に、将来プロを目指すサッカー少年・少女たちにとって、どんなことを実行することがプロへの第一歩なのかを聞いてきました。

日本にサッカーが根づかないワケ。ジュニアの現場から見るグラウンド問題の現実

日本にサッカーが根づかないワケ。ジュニアの現場から見るグラウンド問題の現実

日本サッカーの裾野を支えているジュニア年代では様々な問題がある。今回はグラウンド問題について、千葉県市川市で活動する新浜フットボールクラブの手作りのグラウンドを訪ねた。

なぜ未だにサッカー界で体罰がなくならないのか?“強い選手”を育てるために本当に必要な指導法

なぜ未だにサッカー界で体罰がなくならないのか?“強い選手”を育てるために本当に必要な指導法

サッカーに限らず、育成年代のスポーツでは体罰や暴力問題は年々、つきない。なぜ、そんなことが起きるのか。選手を伸ばすために一番大切な育成とは何かを、『ボトムアップ式指導でチーム力を伸ばす魔法のサッカーコーチング実践編【DVD付】』の著者である、畑喜美夫氏(安芸南高校サッカー部監督)の言葉から、そのヒントを探る。

社会が狂わす“現代の子ども”をサッカーで変えるためにできること

社会が狂わす“現代の子ども”をサッカーで変えるためにできること

U16やU19などの日本代表がアジアですら勝てない状況に日本サッカー界全体が危機感を抱いているが、その敗因を精査したとき、ジュニア年代のボトムの育成から何ができるのだろうか。

バルセロナが日本のジュニアと対戦。世界レベルのクラブを相手に日本のチームが通用したこと、しなかったこと

バルセロナが日本のジュニアと対戦。世界レベルのクラブを相手に日本のチームが通用したこと、しなかったこと

FCバルセロナのカンテラが来日して行われた「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014」は、昨年に続き、バルセロナが6試合で23得点1失点の全勝で大会2連覇を達成した。世界レベルの戦いを披露したバルセロナに、日本のクラブが通用したこと、通用しなかったことは何なのか。総括コラムをお届けします(協力:株式会社アレナトーレ)。

新着記事

↑top